FX歴11年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

色々なFX手法を試して、使えるものだけを残していく作業

私の持論ですが、「FX手法の探し方」「FXマイルールの作り方」というものは、勝てる手法を探すというよりも、負ける手法を封印していく作業のように思います。
サムネ画像
目次
  • 有効な手法、有効でない手法がある
  • 損するような手法を封印し、利益の出せる手法だけを残していく
  • なぜ外れたのかを丹念に分析する

有効な手法、有効でない手法がある

FXの手法と呼ばれるものには様々あります。

  • 移動平均線や一目均衡表、フォボナッチ・リトレースメントなどのテクニカル指標を用いた手法
  • トレンドラインやレジスタンスライン、水平ラインなどを駆使したライントレード
  • エリオット波動を利用した手法
  • 高値安値などブレイクアウトに追従する手法
  • ダブルゼロや通貨パリティなど数字的な節目を利用した手法
  • ニューヨークボックスなど時間帯特有の値動きに着目した手法
  • 季節変化・実需変化などに着目した手法

簡単に挙げるだけでもこれだけあります。マイナー手法も含めれば無数に存在すると思います。

広く一般に知れているFX手法の中には有効(と推察される)な手法もあれば、全然有効ではない手法も存在するので、それらの手法を試しては試行錯誤し、自分で精査していく必要があります。

※「上記の手法の中に、有効な手法が存在します」と言っている訳ではないのでご注意ください。これは私個人の主観になってしまいますが、個人的に「使える手法、使えない手法」の選別をしているので、下記リンクも参考にしてみてください。

損するような手法を封印し、利益の出せる手法だけを残していく

私の持論ですが、「FX手法の探し方」「FXマイルールの作り方」というものは、勝てる手法を探すというよりも、負ける手法を封印していく作業のように思います。

私はこれまで様々な手法を研究しては捨て、研究しては捨ての取捨選択を繰り返してきましたが、最終的に手元に残った手法はほんの一握りでした

世界

取引手法の区分けをきちんと行う

  • この手法だけを実行していれば安定して勝てる。
  • これ以外の手法に手を出すとたちまち損をする。

こういった区分けが私の中で完全に確立できているため、長期的にも安定した利益を確保できています。そういった取引手法の選別がきちんとできなければ、せっかく利益の出せる手法があっても、ほかの手法が足を引っ張ってしまい、安定利益を確保することが難しくなります。

まぁ、まずは勝てる手法を探すことが第一なんですが、並行して色々な手法を試していく中でもしっかりと「勝てる手法」「負ける手法」「手を出してはいけない手法」の区分けを行うようにしましょう。複数のFX口座を作って、「メイン口座は勝てる手法だけ行う」「サブ口座は手法研究用」といったように完全に手法で分けてしまうのもいいと思います。

有効と思われる手法があった場合にも、どんな時に有効で、どんな時に外れるリスクを有するのかなどを突き詰めていくことも大切ですね。(手法精度の向上)

なぜ外れたのかを丹念に分析する

FXで利益を出すこと自体は意外と簡単です。直近のトレンドに追従していけばいいだけですから。ただ、それだけで勝てるのならみんな億万長者でハッピーですよね。

トレンドに追従した取引を心掛けていても、適正なエントリーポイントを間違えていたり、トレンド転換するポイントに差し掛かっていることをチャートから読み取れていないと、たちまち負けてしまいます。

いつもは通用するのに、なぜ今回だけ外れてしまったのか

こういった疑問を丹念に分析していくと、思わぬ発見に繋がったりしますよ。それがひとつひとつ連なっていくと、モヤモヤとした霧が晴れて徐々に視界がクリアになっていくかもしれませんよ。(私の経験談)

光
基本事項
いまここ
色々なFX手法を試して、使えるものだけを残していく作業
FX初心者が勝つために (その他記事)
取引方法やチャート分析に関して
メンタルコントロールに関して
リスク管理に関して
職業別
管理人
  • FX歴11年 (2008年~)
  • デイ・スキャル (原則持ち越しなし)
  • 月利3% (破産確率を考慮)
  • 長く勝ち続けること。
  • 無理せず淡々と利確。
  • 欲が出たときこそ危ない。
  • 元手あっての世界。
> プロフィール
FXの初心者講座
FX口座開設に迷ったらココがおすすめ。
FX会社比較
  • FX会社をスプレッドで比較
  • FX会社をワップポイントで比較
  • FX会社を通貨ペア数で比較
  • FX会社を口座開設キャッシュバック金額で比較