FX歴10年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

ブレイクアウト手法の特徴 (FX)

私はブレイクアウト手法は基本的に使いません。ブレイクアウトを確認してからでは遅いケースがあるからです。ただし、チャートの形によってはブレイクアウトに乗っかることもあります。
サムネ画像
目次
  • ブレイクアウトとは
  • チャート的に意味を持つ場所 (例)
  • ブレイクアウトの例
  • ブレイクアウト手法の利点 (メリット)
  • ブレイクアウト手法の欠点 (デメリット)
  • 個人的見解

ブレイクアウトとは

ブレイクアウトは「突発する」とかそういう意味らしいですが、FXでいえば以下のような状態を指します。

チャート的に意味を持つ場所を突破する (チャートブレイク)

チャート的に意味を持つ場所 (例)

チャート的に意味を持つ場所とは、直近の高値・安値、チャート上の節目、意識されているトレンドラインなどがそれに該当します。

1. 直近の高値・安値

直近の高値・安値には、損失を限定するためのストップ注文(損切り)が溜まっています。

直近の高値・安値

この場所は押し戻されることもあれば、そのまま突破されてしまうこともある、いわば弱い抵抗です。チャートを見れば初心者でも見つけられるので、高値・安値を信じて売ったり買ったりしてしまう間違いを起こしやすい場所といえます。トレンドに追従しない高値・安値は狩られる運命にあるため、直近トレンドを正しく把握してストップを狩り取る側に回った方が有利です。

2. チャート上の節目

チャート上で必ず押し戻される場所のこと。人によっては、高値・安値も「節目」としてカウントしていますが、私の場合は別のものとして区分しています。トレンドに追従していない高値・安値は壁と考えるには脆弱で、近い将来突破される可能性が高いからです。節目の場所を探すコツはありますが、FX初心者ではまず見つけられないと思います。

(有益な情報なので凡例は書きません)

3. 意識されているトレンドライン

トレンドラインとは、緩やかな価格推移を斜め線で引いたものです。トレンドラインは移動平均線との親和性が比較的高く、価格推移を時間軸で捉えるテクニカル分析に応用できます。

トレンドライン

トレンド方向を支えるように描けるラインをサポートラインと呼ぶ。

ブレイクアウトの例

ブレイクアウト手法では、チャート上で意識されている場所がブレイクアウトされたのを確認してからエントリーします。エントリータイミングは主に以下の通り。

1. 高値・安値ブレイク

高値ブレイク

直近高値をブレイク(上抜け)。ブレイクした方向に順張りして付いていく。

2. トレンドラインブレイク

ラインブレイク

トレンドラインブレイク。ブレイクした方向に順張りして付いていく。

ブレイクアウト手法の利点 (メリット)

ブレイクアウト手法の利点について。

  • トレンドフォロー(順張り)であること。
  • エントリーの動機が明白なので再現しやすい。

直近の高値・安値がブレイクされるのを確認してからエントリーするため、FX初心者でもエントリー動機が分かりやすい。

ブレイクアウト手法の欠点 (デメリット)

ブレイクアウト手法の欠点について。

  • ブレイクアウトを確認してからエントリーしたのでは基本的に遅い

FX初心者は「いつブレイクするのが分からないなら、ブレイクを確認してからエントリーすれば確実なんじゃね?」と考えてしまいがちですが、ブレイクアウトを確認してからエントリーしても遅い場合が多いです。

理由は以下の通り。

  • ブレイクした先にチャート上の固い節目などがあると、一旦大きく押し戻される。
  • ストップが綺麗に狩り取られたタイミングで、利益確定の逆噴射が起こる場合がある。
  • ストップが綺麗に狩り取られたタイミングで、直近のトレンドが変わることがある。

個人的見解

私はブレイクアウト手法は基本的に使いません。ブレイクアウトを確認してからでは遅いケースが多分にあるからです。

確実だと思ってエントリーしたつもりなのに、実はその行動こそが一歩遅れている。

ブレイクアウトばかりを狙って失敗している人は、一旦その手法を改めた方がよいかもしれません。ただし、チャートの形によってはブレイクアウト手法が有効となることもあります。

エントリーするのもアリなタイミング (あくまで可というレベル)

ラインブレイク
  • 機能しているトレンドラインをブレイクしたタイミングあること。
  • 60分足、できれば4時間足レベル以上であること。 (時間軸が長いほど信頼性が上がる)

このような場合には、エントリーしても良いかと思います。ただし、ダマシブレイクであるケースも存在するため、過度にトレンドラインブレイクを過信して損切りが遅れないように注意しましょう。

トレンドラインブレイクしたのに30pipsも逆行された場合には諦めた方が良いです。

ライントレード
いまここ
ブレイクアウト手法の特徴 (FX)
FXの初心者講座
FXのテクニカル分析 (その他記事)
はじめに知っておきたいこと
テクニカル分析全般
チャート形状から判断する手法
テクニカル指標
ローソク足の基本
管理人
  • FX歴10年 (2008年~)
  • デイ・スキャル (原則持ち越しなし)
  • 月利3% (破産確率を考慮)
  • 長く勝ち続けること。
  • 無理せず淡々と利確。
  • 欲が出たときこそ危ない。
  • 元手あっての世界。
> プロフィール
FX会社比較
  • FX会社をスプレッドで比較
  • FX会社をワップポイントで比較
  • FX会社を通貨ペア数で比較
  • FX会社を口座開設キャッシュバック金額で比較