FX歴11年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

為替チャートに引けるラインの種類 (ライントレード)

はじめは為替チャートに絵を描くイメージで線を引けばいいと思います。何となく引いている内に、効いていそうなラインや引いても意味がないラインが分かるようになると思います。
サムネ画像
目次
  • ライントレードとは
  • 斜め線・水平線を引くのが基本
  • 為替チャートに引けるラインの種類

ライントレードとは

ライントレードとは、為替チャートにトレンドライン(斜め線)や水平線を引いて、それをトレード指標とするスタイルのことです。ライントレードという言葉は私が勝手にそう呼んでいるだけなので、本来の名称はないかもしれません。

サポートラインのイメージ

斜め線・水平線を引くのが基本

基本は斜め線や水平線を引くことから始めましょう。

為替チャート 水平ライン、トレンドライン

はじめは為替チャートに絵を描くイメージで線を引けばいいと思います。何となく引いている内に、効いていそうなラインや引いても意味がないラインが分かるようになると思います。

為替チャートに引けるラインの種類

一般に知られているラインの種類です。

トレンドライン (サポートライン、レジスタンスライン)

トレンドライン

一定の値幅に沿って上昇または下降しているトレンド相場で引けるのがトレンドライン(斜め線)です。

直近トレンド方向に沿ってそれを支えるように引ける線をサポートライン(支持線)といいます。(上図)

それとは逆に、トレンド方向の進行を妨げるように引ける線をレジスタンスライン(抵抗線)といいます。

レジスタンスライン

チャネルライン

トレンド相場が一定のチャネル(値幅)に収まっている場合に引けるライン。

チャネルライン

直線で綺麗なチャネルラインを引けるのは非常に稀なので、普段のトレードではあまり意識しなくてもいい。利益確定の目安にはなると思う。トレンド方向ではないチャネル側で逆張りするのは止めた方がいい。(上図の例でいえば、チャネル上限での逆張り売り)

水平ライン

高値・安値などに引くライン。

水平ライン

一定の値幅内に収まるボックス相場(レンジ相場)を意識したり、ストップ狩りのポイントとして引くことが多い。私は目印によく引く。

ネックライン

ヘッド・アンド・ショルダー

三尊チャートや保ち合い相場における土台の部分をネックラインという。

ネックラインを巡って、上昇相場を継続させたい買い手と、下落相場に持ち込みたい売り手の思惑が交錯する。

ネックライン

ネックライン割れ。

ここで紹介したものは有名なラインが中心ですが、私が独自に引いているラインもあります。(※非公表)

ライントレードは私もトレードの参考にしている手法ですが、あくまで参考程度なので、ライントレードを主軸に据えてはいません。ただ、テクニカル指標よりも全然役に立つと思います。

ライントレード
いまここ
為替チャートに引けるラインの種類 (ライントレード)
FXのテクニカル分析 (その他記事)
はじめに知っておきたいこと
テクニカル分析全般
チャート形状から判断する手法
テクニカル指標
ローソク足の基本
管理人
  • FX歴11年 (2008年~)
  • デイ・スキャル (原則持ち越しなし)
  • 月利3% (破産確率を考慮)
  • 長く勝ち続けること。
  • 無理せず淡々と利確。
  • 欲が出たときこそ危ない。
  • 元手あっての世界。
> プロフィール
FXの初心者講座
FX口座開設に迷ったらココがおすすめ。
FX会社比較
  • FX会社をスプレッドで比較
  • FX会社をワップポイントで比較
  • FX会社を通貨ペア数で比較
  • FX会社を口座開設キャッシュバック金額で比較