FX歴11年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

為替チャートの値動きはランダムではないので、テクニカル分析が使える

為替相場はテクニカル的な値動きに支配されながら動くので、高値安値や押し目などのチャートポイントが機能します。 (それでも予想は難しい)
サムネ画像
目次
  • テクニカル分析の根幹は「再現性がある」ということ
  • 為替相場は全くの適当(ランダム)に動いている訳ではない
  • それでも難しいのが為替相場

テクニカル分析の根幹は「再現性がある」ということ

テクニカル分析の意義は過去の為替チャートから法則性・規則性を導き出し、それを未来の値動き予想に活かすことにあります。逆に言えば、為替チャートそのものに一定の再現性があるという前提がなければ、テクニカル分析を使っても全く意味がないことになります。

掬えない網で金魚獲りをするようなものですね。

黒板

為替相場は全くの適当(ランダム)に動いている訳ではない

為替チャートを知らない人間が言う話として、「株価チャートや為替チャートは、Excel関数で作ったグラフと同じようなものになる」という意見があります。これは何というか、「否定の結論が先にあって、その結論に自分の意見を強引に近づけようとしている」ような印象しか受けないんですが、まずは生の為替チャートを実際に見てから発言するようにしましょう。

ドル円チャート

111.030~111.350のボックス相場

ユーロ円チャート

トレンド相場 (ロングスパン)

何も感じ取れなければ、1年くらいは見続けてください。

それでも難しいのが為替相場

為替相場が難しい理由は、全くのランダムな事象を当てようとしているから難しいのではなく、テクニカル分析を駆使しても為替チャートの未来を予想すること自体が難しい点にあります。

為替相場はテクニカル的な値動きに支配されながら動くので、高値安値や押し目などのチャートポイントが機能します。為替相場の生の値動きを見たことがある人は、まるで生き物のように売り買いが交錯しているのを感じ取った経験があると思います。

後だしジャンケンで為替チャートにラインを引くこと自体は誰でもできるので、一見すると「予想は簡単そう」に思えますが、その抵抗が確信を持って機能する保証はなく、また時間軸的なハシゴ外しも起こるため、闇雲にトレンドラインを引いたり自分の妄想で未来のチャートを描いていても、なかなか的中率を上げることはできません。

話がどんどん脇に逸れていきそうなのでこの辺でまとめますが、

  • 為替相場は全くのランダムではないため、基本的にはテクニカル的な値動きに準拠する。 (もちろん例外もあり)
  • テクニカル分析を駆使しても、使える手法は限られる。

ポイントはこんなところです。

はじめに知っておきたいこと
いまここ
為替チャートの値動きはランダムではないので、テクニカル分析が使える
FXのテクニカル分析 (その他記事)
テクニカル分析全般
チャート形状から判断する手法
ライントレード
テクニカル指標
ローソク足の基本
管理人
  • FX歴11年 (2008年~)
  • デイ・スキャル (原則持ち越しなし)
  • 月利3% (破産確率を考慮)
  • 長く勝ち続けること。
  • 無理せず淡々と利確。
  • 欲が出たときこそ危ない。
  • 元手あっての世界。
> プロフィール
FXの初心者講座
FX口座開設に迷ったらココがおすすめ。
FX会社比較
  • FX会社をスプレッドで比較
  • FX会社をワップポイントで比較
  • FX会社を通貨ペア数で比較
  • FX会社を口座開設キャッシュバック金額で比較