FX歴10年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

証拠金取引とレバレッジについて

FXなどの証拠金取引においては、少額で大きな規模の取引が可能となります。証拠金が10万円あれば100万円分の取引が可能で、この状態はレバレッジが10倍掛かっていることを意味します。
サムネ画像
目次
  • 証拠金取引とは
  • レバレッジ取引
  • レバレッジはどこまで掛けられるの?
  • 証拠金が底をついたらどうなるの?
  • 適正なレバレッジ管理が大切

証拠金取引とは

FX(外国為替証拠金取引)では、口座開設した各FX会社の自分専用口座に「証拠金(保証金)」を預け、その証拠金を担保として為替取引を行います。一定額の保証金を預けておけば、保証金額以上の取引が可能になります(レバレッジ取引)。そのため、100万円分の為替取引を行いたい場合、必ずしも100万円の資金を必要としないのです。

この「少額資金を元手に、より大きな取引ができる」のがFXの魅力のひとつです。

証拠金取引はFXのほかにもあります。原油や金、小麦などの商品取引ができるCFD取引も、証券会社に証拠金を預けることでレバレッジ取引ができる金融商品です。CFD取引の場合、差金決済取引と呼ばれていますが、証拠金取引と基本的に性質が同じものになります。CFD取引においても、一定額の保証金を専用口座に預けることで保証金額以上の取引が可能になります。

証拠金取引

証拠金取引は、金融業界においては決してマイナーな取引方法ではないのです。

レバレッジ取引

FXなどの証拠金取引においては、少額で大きな規模の取引が可能となります。具体的には、100万円分の為替取引を行いたい場合でも、証拠金が10万円あれば100万円分の取引が可能になります。この状態はレバレッジが10倍掛かっていることを意味します。レバレッジは「てこの原理」のように少額で大金を動かす仕組みのことで、「レバレッジを掛ける」などどいいます。

レバレッジの仕組み

レバレッジ10倍

(例)100万円分の取引

100万円分の取引とは、ドル円相場で分かりやすく例えると、1ドルが100円のときに、10,000ドル(100万円)分の取引を行うことです。

100万円分の取引

100万円規模の為替取引

(例)どのくらい利益が上がるのか

この場合、ドル円を買う(ドルが上がって円が下がる方向を予想する)取引を行い、その後に1ドル100円から1ドル101円になった場合、1万円の利益になります。1ドルが100円から101円に上がると1円の差額が生じますが、10,000ドル(100万円)分の取引を行っているため、1×10,000で1万円の利益となるのです。

(例)まとめ

為替レートにまだ慣れない人のために、細かいことを省くと、

  • FXは10万円からでも取引を始めることができる。
  • 10万円を元手にレバレッジ10倍で100万円分のドル円取引を行い、ドル円が上がると予想した場合、100円から101円に上がれば1万円の利益を上げられる。 (1ドル=100円のとき)
  • この場合、元手の10万円が11万円になるので、利益率は110%となる。 (ハイリターン)

損失を被る場合はその逆で、ドル円が上がると予想したのに、100円から99円に1円円高に振れると、1万円の損失となります。これがFXにおけるおおよそのリスクボリュームになります。

分かりやすく解説するために上記の凡例を挙げましたが、実際のFX取引ではこのリスクボリュームは大きすぎます。 (要するにハイリスク・ハイリターンの状態)

リスクを小さくしたい場合には、レバレッジを10倍ではなく5倍や1倍に落とすことで、予想が外れたときの損失リスクを小さくすることができます。

イラスト

レバレッジはどこまで掛けられるの?

レバレッジは国内業者で個人口座として開設した場合では25倍が最大となります。FX口座には個人口座と法人口座があり、法人口座で開設した場合にはもっと大きなレバレッジを掛けることも可能になります。レバレッジに関してもっと詳しく知りたい方は下記リンク先を参照してください、

証拠金が底をついたらどうなるの?

FXは元本保証のない金融商品です。予想が外れて損失を被ることもあります。レバレッジ10倍で100万円分の取引を行う場合、口座には10万円の証拠金がありますが、証拠金が尽きてしまったらそれ以上は担保となるお金がないめポジションが強制決済されてしまいます。

具体的には1ドル100円の状態でドル円を10,000ドル(100万円分)買って、90円になってしまったら-10万円の損失なので証拠金が尽きてしまいます。各FX会社にはロスカットルールというものが設けられていて、証拠金の維持率が一定の金額を下回るとロスカット(強制決済)される仕組みになっています。ロスカットは、これ以上損失が大きくなるのを未然に防ぐ措置です。

適正なレバレッジ管理が大切

先ほどの例では、レバレッジ10倍で100万円分の取引を行う場合、10万円の証拠金を必要としましたが、最大レバレッジの25倍でドル円取引を行う場合には、証拠金は4万円程度で済むということになります。

ただ、レバレッジ25倍は私からするとかなり高レバレッジな取引です。FXの経験を積めば積むほどレバレッジ管理が大切だということが身に染みて分かってきます。FX初心者の方はまだ適正なレバレッジがどれくらいかは想像もつかないかもしれませんが、私は最大でも8倍くらいまでしかレバレッジを掛けません。

レバレッジ

レバレッジ25倍でも十分過ぎる

国内業者の個人口座ではレバレッジが最大25倍まで掛けられますが、それでも十分過ぎます。高レバレッジやスキャルピングトレードを用いた高速資金回転に夢を抱くのは良いかもしれませんが、現実はそんなに甘くありません

特にFX初心者であるのなら国内業者で十分です。

FXの基本 (最初に知っておきたい点)
いまここ
証拠金取引とレバレッジについて
FXの初心者講座 (その他記事)
お金やレバレッジに関すること
通貨ペアについて
為替チャート
FXの取引ルールなど
その他 予備知識
管理人
  • FX歴10年 (2008年~)
  • デイ・スキャル (原則持ち越しなし)
  • 月利3% (破産確率を考慮)
  • 長く勝ち続けること。
  • 無理せず淡々と利確。
  • 欲が出たときこそ危ない。
  • 元手あっての世界。
> プロフィール
FXの初心者講座
FX口座開設に迷ったらココがおすすめ。
FX会社比較
  • FX会社をスプレッドで比較
  • FX会社をワップポイントで比較
  • FX会社を通貨ペア数で比較
  • FX会社を口座開設キャッシュバック金額で比較