FX歴10年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

FXの通貨単位について (1万通貨、1000通貨など)

国内のFX会社では、この1万通貨単位を最低取引単位としている所が多いため、1万通貨単位が取引の基本単位と理解しておくのが良いかと思います。
サムネ画像
目次
  • 通貨単位とは
  • 1万通貨単位の、別の呼び方
  • 1万通貨単位のリスクボリュームはどれくらい?

通貨単位とは

為替取引では、各通貨ペアごとに通貨単位(取引単位)というものが設けられています。FX会社のホームページで1万通貨単位とか、1,000通貨単位といった言葉を目にしたことがあるかもしれませんが、これら取引における単位を通貨単位と呼んでいます。

以下に、各主要通貨ペア毎の1通貨単位および1万通貨単位を紹介します。

各主要通貨ペア毎の1通貨単位

ドル円(USD/JPY) 1米ドル
ユーロ円(EUR/JPY) 1ユーロ
ポンド円(GBP/JPY) 1英ポンド
ユーロドル(EUR/USD) 1ユーロ
ポンドドル(GBP/USD) 1英ポンド

ドル円の場合、1ドル札が1通貨単位ということ。

各主要ペア毎の1万通貨単位

ドル円(USD/JPY) 10,000米ドル
ユーロ円(EUR/JPY) 10,000ユーロ
ポンド円(GBP/JPY) 10,000英ポンド
ユーロドル(EUR/USD) 10,000ユーロ
ポンドドル(GBP/USD) 10,000英ポンド

ドル円の場合、1通貨単位が1米ドルなので、1万通貨単位では1万米ドルとなります。1米ドルが100円の場合、1万米ドルでは100円×10,000=1,000,000円(100万円)の取引規模になります。

国内のFX会社では、1万通貨単位を最低取引単位としている所が多い

国内のFX会社では、この1万通貨単位を最低取引単位としている所が多いため、1万通貨単位が取引の基本単位と理解しておくのが良いかと思います。私がFXを始めた2008年頃は、1万通貨単位が取引の最低単位でしたが、近年では、FX初心者向けに1,000通貨単位や100通貨単位での少額取引を可能としているFX会社も増えてきています。

1万通貨単位

1万通貨単位の、別の呼び方

FX取引の基本となる1万通貨単位ですが、実は他にも呼び方が幾つかあります。紛らわしいですね。(笑)

  • 1万通貨単位
  • 1ロット(Lot) ※
  • 1枚

1万通貨単位は、1ロットと呼んだり、1枚と呼んだりもします。1,000通貨単位では、0.1ロット、0.1枚などとも呼びます。

※ただし、FX会社によっては1ロット=1,000通貨単位として換算しているFX会社もあります。さらに紛らわしいですが、覚えておいて損はないです。ロットの換算方法は各FX会社によって異なるため、必ず確認するようにしましょう。大体は1ロット=1万通貨単位ですが、ヒロセ通商は1ロット=1,000通貨単位で換算しています。

1ロット

上画像のFX会社(DMM.com証券)では、1Lot=1万通貨単位としています。1Lot必要証拠金目安:41,049円となっていますが、これは国内業者の最大レバレッジ25倍で換算した場合に、1万通貨単位を取引するのに必要となる証拠金額を示しています。1米ドル100円のときに、1万通貨単位を取引するのには100万円が必要ですが、レバレッジを25倍に設定した場合、4万円で済みます。上図のレートは1米ドルが102.62円前後なので、必要となる証拠金額も4万円よりも若干多くなっています(41,049円)。

1万通貨単位のリスクボリュームはどれくらい?

最後に、1万通貨単位がどれくらいのリスクボリュームなのか簡単に紹介します。

ドル円買い(ロング)ポジションを持った場合、1米ドルが100円から101円になると、1万通貨単位では1円×10,000=1万円の利益となります。逆に1米ドルが99円になってしまうと1万円の損失になります。

1万通貨単位の場合、ドル円相場では1円動くごとに1万円の損益が発生します。

レバレッジ10倍

レバレッジを10倍にすれば、元手が10万円でも100万円分、つまり1万通貨単位のドル円取引ができます。ただし、逆の方向に1円動けば1万円のマイナスとなるため、このポジションサイズはハイレバレッジ取引であることが分かります。 (※どこで損切るかにもよります)

通貨ペアについて
いまここ
FXの通貨単位について (1万通貨、1000通貨など)
FXの初心者講座 (その他記事)
FXの基本 (最初に知っておきたい点)
お金やレバレッジに関すること
為替チャート
FXの取引ルールなど
その他 予備知識
管理人
  • FX歴10年 (2008年~)
  • デイ・スキャル (原則持ち越しなし)
  • 月利3% (破産確率を考慮)
  • 長く勝ち続けること。
  • 無理せず淡々と利確。
  • 欲が出たときこそ危ない。
  • 元手あっての世界。
> プロフィール
FXの初心者講座
FX口座開設に迷ったらココがおすすめ。
FX会社比較
  • FX会社をスプレッドで比較
  • FX会社をワップポイントで比較
  • FX会社を通貨ペア数で比較
  • FX会社を口座開設キャッシュバック金額で比較