専業トレーダーと学ぶ、FXの基礎・応用
FX歴11年 専業トレーダーと学ぶ、FXの基礎・応用

FXの注文方法 ~指値注文

FXの指値注文を分かりやすく紹介します。指値買いでは、現在レートよりも安いレートで買い注文を入れるのがルールです。
  • 指値注文とは
  • 例1. 指値買い注文
  • 例2. 指値売り注文
  • 「待ち構えて逆張り」するイメージ
  • 指値注文 まとめ

指値注文とは

指値注文の定義は、以下の通りです。

指値注文
「買い」の場合 現在レートよりも安いレートで買い注文を入れる。
「売り」の場合 現在レートよりも高いレートで売り注文を入れる。

これではよく分からないので、具体例を交えて勉強していきましょう。

例1. 指値買い注文

ドル円を新規で指値買い注文する場合を考えます。

指値注文(買いチャート)

「買い」の場合、指値注文は現在レートよりも安いレートを指定します。 (定義より)

上画面では、現在レート100.308円に対して100.200円で指値買い注文を入れています。

例2. 指値売り注文

ドル円を新規で指値売り注文する場合を考えます。

指値注文(売りチャート)

「売り」の場合、指値注文は現在レートよりも高いレートを指定します。 (定義より)

上画面では、現在レート100.143円に対して100.400円で指値売り注文を入れています。

「待ち構えて逆張り」するイメージ

新規で指値買い注文、指値売り注文をする場合、注文のイメージとしては「待ち構えて逆張り」するイメージを持てば分かりやすいかと思います。

押し目買い

押し目買い

押し目で待ち構えて逆張り。 (指値買い)

直近トレンドを買い支えるイメージ。

レンジ相場の端

レンジ相場

想定レンジ内に収まるように、売り叩きや買い支えを行うイメージ。

指値注文 まとめ

  • 指値買いの場合、現在レートよりも安いレートで買い注文を入れるのがルール。
  • 指値売りの場合、現在レートよりも高いレートで売り注文を入れるのがルール。
  • 指値注文のオーダーイメージとしては、「待ち構えて逆張り」のイメージ。 (新規ポジション)

指値注文も掘り下げると色々書けますが、初心者はこのくらいの理解でOKです。

あんまり詰め込んで書いても混乱すると思うので、まずは基本的なところから理解していきましょう。