専業トレーダーと学ぶ、FXの基礎・応用
FX歴11年 専業トレーダーと学ぶ、FXの基礎・応用

FXの注文方法 ~成行注文

レートパネルをクリックしたタイミングで注文されるのが成行注文です。指値注文など他の注文よりも優先して約定するため、確実に約定させる能力が一番高い。
  • 成行注文とは
  • 確実に約定させたい人向けの注文方式
  • 「ポジション一括決済」ができるので、相場から素早く離脱できる
  • スキャルピングトレーダーのほとんどは成行決済を利用している
  • スリッページはほとんど発生しない
  • 成行注文の特徴 まとめ

成行注文とは

成行注文とは、マウスクリックのタイミングで約定させる注文方式です。

マウスクリック

レートパネルを見ながら注文できるので、よりリアルタイムな相場の中で力を発揮する注文方式になります。

為替チャート

マーケット注文ともいう。

確実に約定させたい人向けの注文方式

FXの注文方法には、成行注文、ストリーミング注文、指値注文、OCO注文など様々ありますが、最速かつ確実に約定させるのに特化しているのが成行注文です。

  • 成行注文は指値注文よりも優先されるので、まっ先にオーダーが通る。
  • いちいち価格レートを数値入力する時間的手間も掛からないため、注文動作でも最速を誇る。
  • この価格レートで約定して欲しい!」と思った瞬間に約定してくれるので、利便性において成行注文よりも優れた注文はありません。

    「ポジション一括決済」ができるので、相場から素早く離脱できる

    FXの注文パネルには、「USD/JPY一括決済」や「売建玉一括決済」など、保有中ポジションを一括決済できるボタンがあります。これらの注文は、内部的には成行注文で行われます。

    ポジション一括決済

    相場が急変動したので緊急離脱したい!」という時には、ポジション一括決済ボタンを押して逃げましょう。

    スキャルピングトレーダーのほとんどは成行決済を利用している

    注文パネルを利用すれば、エントリーから利益確定までの一連の動作を素早く行うことができます。

    成行決済

    「ポン、ポン」と瞬時に取引を終えることができるので、秒単位の正確さを要求されるスキャルピングトレーダーは皆、成行決済を利用しています。

    スリッページはほとんど発生しない

    自分が想定している価格レートに対して、実際の約定レートが乖離することをスリッページが発生するなどといいますが、昨今のFX会社は約定力が高い会社が多いので、ほとんどレート乖離することなく約定してくれます。

    私は複数のFX口座を開設していますが、どのFX会社も約定力が高いので、どのFX会社を利用してもあまり差は感じないと思います。

    私が使っているFX会社
    メイン口座 GMOクリック証券
    サブ口座 マネーパートナーズヒロセ通商DMM.com証券

    ※2019/09/02現在

    ただし、それはあくまで平時における約定力なので、例えば1秒間に10pipsも20pipsも動くような乱高下相場では、成行注文のスリッページが大きくなる傾向にあります。(この辺は何となく想像できると思いますが)

    成行注文の特徴 まとめ

    成行注文の特徴をまとめました。

  • 成行注文は指値注文よりも優先されるので、まっ先にオーダーが通る。
  • いちいち価格レートを数値入力する時間的手間も掛からないため、注文動作でも最速を誇る。
  • 秒単位の素早い動作を要求されるスキャルピングトレーダーの多くは、成行注文を利用している。
  • 昨今のFX会社は約定力が高いため、スリッページ(価格レート乖離)はほとんど発生しない。
  • 成行注文と同じマウスクリック方式の注文方法にストリーミング注文がありますが、これらの違いについては下記リンク先を参照してください。