FX歴10年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

レートが予想外に広がるバッドティック(Bad Tick)

バッドティックによってどの程度スプレッド幅が拡大したかにもよりますが、明らかに悪質な対応を取るFX業者については、金融庁にどんどん通報して行政指導を受けさせるように促しましょう。
サムネ画像
目次
  • スプレッド幅が異常に拡大する現象
  • ストップ狩りとはまた別
  • FX会社固有の現象である場合が多い
  • バッドティックに遭遇する可能性はものすごく低い
  • 悪質な場合は金融庁に通報しよう

スプレッド幅が異常に拡大する現象

バッドティック(Bad Tick)とは、スプレッド幅が異常に拡大してしまう現象をいいます。

バッドティック

瞬間的に大きな下髭が発生。

ストップ狩りとはまた別物

FX業者が意図的にスプレッド幅を拡大させてストップ狩りを誘発させる「FX業者によるストップ狩り」というものがありますが、それとは仕組みも規模も全く異なります

FX会社による意図的なストップ狩り

バッドティックが発生すると50~100pipsはザラに広がります。FX業者によるストップ狩り(5~10pipsくらい?)が可愛く見えます。

バッドティックは明らかなレート異常なので、発生すれば気が付つケースが多いです。また、FX業者にバッドティックについて問い合わせると「カバー先のレートをそのまま表示しているので、カバー先が悪いです。」みたいな感じで責任転嫁されるので注意。バッドティックについてFX業者に問い合わせする際は、誤魔化して逃げられないよう文言を準備しておきましょう。

FX会社固有の現象である場合が多い

バッドティックはFX会社固有の現象である場合が多いです。

系列会社など同じカバー先レートを参照しているFX会社の場合では、系列会社間で同じバッドティックが発生することも有り得ますが、基本的にFX会社単体で発生する現象だと考えて良いです

複数のFX口座を持っている人は、バッドティックが発生した時間帯の各FX会社の配信レートを確認してみましょう。他のFX会社では出ていないはずです。(出ている場合は別の問題も考えられる)

バッドティックに遭遇する可能性はものすごく低い

バッドティックに遭遇する可能性はものすごく低いので、普段はそこまで気に掛ける必要がありませんが、やはり低レバを心掛けて1回の取引に対する損失リスクを軽減させるのが定石です。

多分、一生FX取引を続けたとしても、バッドティックを実際に喰らったことのない人の割合の方が多いと思います。バッドティックを目撃したり、サーバ落ちを喰らう経験は何度かあると思いますが。

バッドティックを実際に喰らってしまったら非常に運が悪いので心中察します。(私は1度も喰らった経験なし

リアルタイムで見たことはありませんが、チャートから事後的に「あーこれバッドティックだな・・・」と思われる現象を確認したことは長いFX経験の中で3~4回程度です。(潜在的にはもっとあるだろうけど)

そのくらいレアな現象です。(ちゃんとしたFX会社で取引しているのであれば)

イラスト

悪質な場合は金融庁に通報しよう

バッドティックに対してFX会社がどのように顧客対応するのかで、そのFX会社の本質が見えてきます

FX会社側の過失として全額補填してくれる神対応業者もあれば、「正常な値動きの範疇です」「うちはカバー先のレートを表示しているだけなので関係ありません」などといって取り合わないFX業者もあります。

バッドティックによってどの程度スプレッド幅が拡大したかにもよりますが、明らかに悪質な対応を取るFX業者については、金融庁にどんどん通報して行政指導を受けさせるように促しましょう

FX業者への直接クレームは1顧客では取り合ってもらえないことも多いので、行政機関の力を借りる必要があります。

その他、様々な取引リスク
いまここ
レートが予想外に広がるバッドティック(Bad Tick)
管理人
  • FX歴10年 (2008年~)
  • デイ・スキャル (原則持ち越しなし)
  • 月利3% (破産確率を考慮)
  • 長く勝ち続けること。
  • 無理せず淡々と利確。
  • 欲が出たときこそ危ない。
  • 元手あっての世界。
> プロフィール
FXの初心者講座
FX口座開設に迷ったらココがおすすめ。
FX会社比較
  • FX会社をスプレッドで比較
  • FX会社をワップポイントで比較
  • FX会社を通貨ペア数で比較
  • FX会社を口座開設キャッシュバック金額で比較