FX歴10年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

最近増えているFX会社へのDDoS攻撃

これらFX会社へのサイバー攻撃(DDos攻撃)では、FX会社ホームページにアクセスしづらくなったり、FX取引サーバにログインできなくなるなどの被害が発生しました。
サムネ画像
目次
  • サイバー攻撃で、FX会社サイトや取引ツールに繋がりにくくなる・重くなる
  • DDoS攻撃とは?
  • 大手FX会社も複数被害に遭っている
  • サーバ落ちの原因が、サイバー攻撃なのかFX会社側の不手際なのか確認する

サイバー攻撃で、FX会社サイトや取引ツールに繋がりにくくなる・重くなる

昨今、大手企業ホームページなどを狙ったサイバー攻撃が増えてきています。サイバー攻撃とは、インターネット通信を使ってホームページ等に大量のデータを送り付け(DDoS攻撃)、対象のホームページやインターネットサービスにアクセスしづらくさせる行為などをいいます。

  • あれ? 何か今日FX取引ツールが重いなぁ。
  • おい、○○FX会社のホームページが落ちてるぞ、ふざけんな!
  • FX取引ツールにログインできない・・・。
  • サーバ落ちかよ、しっかりしろや!

と、FX会社に対して腹を立ててしまいますが、その原因は第三者によるサイバー攻撃かもしれません。

DDoS攻撃とは?

対象となるWebサーバ等に大量のアクセスを送り、サーバーダウンを狙う手法。FX会社がDDos攻撃を受けた場合、FX会社ホームページにアクセスしづらくなったり、FX取引サーバが重くなる・ログインできなくなるなどの被害を受ける。これを悪用して金銭を要求する「ランサム(身代金)DDos」なる手口もあるようだ。

サイバー攻撃

サイバー攻撃は他にも、顧客サーバへの不正アクセス、顧客データ改ざんなどの手口がある。

大手FX会社も複数被害に遭っている

大企業や国家機関を狙うことの多いサイバー攻撃ですが、国内大手FX会社も被害に遭っています。(DMM.com証券、マネーパートナーズ、ヒロセ通商、外為どっとコムなど)

これらFX会社へのサイバー攻撃(DDos攻撃)では、FX会社ホームページにアクセスしづらくなったり、FX取引サーバにログインできなくなるなどの被害が発生しました

顧客データの流出については、私の使っているFX会社では大丈夫でした。

DDoS攻撃に対する防衛策としては、特定のIPからのアクセスを制限させるなどの方法があるかと思いますが、基本的にFX会社に任せるしかありません。私たちにできることは、1つのFX口座に資金を集中させておかないことと、FX会社から送られてくる報告に目を凝らせておくことくらいでしょうか。

イラスト

サーバ落ちの原因が、サイバー攻撃なのかFX会社側の不手際なのか確認する

FX口座にログインしづらい状況が多発したりサーバ落ちが発生しても、それがサイバー攻撃によるものなのかFX会社側の不手際なのかはすぐには分かりません。FX会社側の不手際と騒ぎ立てず、サーバ落ちの原因についてFX会社からの報告を確認しましょう。(何もアナウンスのないFX会社は論外です)

単なるFX会社のサーバ落ちではなく、最悪の場合、サイバー攻撃によって顧客データなど個人情報流出の被害が発表されるかもしれません。

顧客情報が流出してしまったFX会社には怖くて投資資金を置いておけないので、速やかな資金引き上げを検討しましょう。

その他、様々な取引リスク
いまここ
最近増えているFX会社へのDDoS攻撃
管理人
  • FX歴10年 (2008年~)
  • デイ・スキャル (原則持ち越しなし)
  • 月利3% (破産確率を考慮)
  • 長く勝ち続けること。
  • 無理せず淡々と利確。
  • 欲が出たときこそ危ない。
  • 元手あっての世界。
> プロフィール
FXの初心者講座
FX口座開設に迷ったらココがおすすめ。
FX会社比較
  • FX会社をスプレッドで比較
  • FX会社をワップポイントで比較
  • FX会社を通貨ペア数で比較
  • FX会社を口座開設キャッシュバック金額で比較