FX歴10年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

GMOクリック証券 (スキャルピング規制・禁止について)

具体的に「スキャルピング禁止」とは書いていませんが、おそらく過剰な回転売買(秒スキャ)については、目を付けられる可能性はあると思われます。(例えば毎日100回以上、100枚以上の取引を短時間に繰り返すなど)
サムネ画像
目次
  • GMOクリック証券でスキャルピングをするとどうなるのか?
  • スキャルピングトレード部門 第2位にラインクイン
  • 秒スキャについてはグレーゾーン
  • 50枚程度で頻度の少ないスキャルピングであれば問題ない
GMOクリック証券

GMOクリック証券でスキャルピングをするとどうなるのか?

スキャルピングとは、5pips程度の小さな利益を刻むように積み増していく手法ですが、FX会社によっては、過剰なスキャルピング取引を規制している所もあります。過剰なスキャルピング取引とは、例えば1~5秒間で終えるような高速取引を繰り返す「秒スキャ」や、不正に自動売買プログラムに繋いで「人間のスピードでは到底出来ないような超高速取引を繰り返すような行為」などを指します。

こういった行為はFX業者の取引サーバに高負荷を掛けるだけでなく、不当にFX会社側の取引リスクを増大させる要因となります。(何百枚もスキャルピングしてました、サーバ落ちして何千万も追証発生したけど払えません、自己破産します、では話にならない)

GMOクリック証券 スプレッド
ドル円 ユロドル ポンドル オジドル ユロ円 ポン円 豪円 ユロポン
GMOクリック証券 0.3 0.4 1.0 0.9 0.5 1.0 0.7 1.0

※ドル円・ユロ円・ポン円・豪円のスプレッド単位は「銭」、ユロドル・ポンドル・オジドル・ユロポンのスプレッド単位は「pips」になります。
※スプレッド幅は原則固定ですが、相場乱高下時などスプレッドが拡大する場合があります。
※FX会社や通貨ペア名については、表スペースの都合上、一部略称を使わせて頂いております。
※記載に誤りがある場合もあるので、詳細は各FX会社で確認するようにしてください。
(2018/08/01更新)

スキャルピングトレード部門 第2位にラインクイン

GMOクリック証券では、オリコン顧客満足度ランキングにおいてスキャルピングトレード部門 第2位にラインクインしています。(インターネット調査による投票)

また公式ページにも「デイトレード、スキャルピング指向のお客様にとって利便性が高く、取引に役立つ便利な機能です」との文面があります。(取引ツール説明)

これはスキャルピングトレード容認と捉えていいんでしょうかね・・・?(笑)

秒スキャについてはグレーゾーン

一応、GMOクリック証券の取引規程・約款には、禁止事項として以下が記されています。

過度の回転売買等不適切な取引であると当社が判断した場合、本サービスを禁止することができるものとします。(口座凍結)

具体的に「スキャルピング禁止」とは書いていませんが、おそらく過剰な回転売買(秒スキャ)については、目を付けられる可能性はあると思われます。(例えば毎日100回以上、100枚以上の取引を短時間に繰り返すなど)

50枚程度で頻度の少ないスキャルピングであれば問題ない

私は普段あまり積極的にスキャルピングをするタイプではありませんが、たまに暇つぶしでスキャルピング・エントリーすることもあります。下の取引履歴は、ワンショット50枚くらいです。

スピャルピング 取引履歴

秒スキャを繰り返すようなトレードスタイルではないので、過剰な回転売買には当たらないでしょう。(笑)

口座凍結された経験? もちろんありません。

5秒で5万円GET

スキャルピングの醍醐味は短時間に大金を得られるところですよね。

スピャルピング 5秒で5万円GET

5秒で5万円GET。

ワンショット50枚程度なので、もっと資金力のある人は10万円以上稼ぐこともできますね。あまり枚数が大きくなり過ぎると、FX業者側に煙たがられるので注意しましょう。

GMOクリック証券
基本情報
いまここ
GMOクリック証券 (スキャルピング規制・禁止について)