FX歴10年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

GMOクリック証券 (テクニカル表示について)

テクニカル分析専用ツールというだけあって、プラチナチャートには豊富なテクニカル指標が用意されています。あまり聞き慣れないマニアックなテクニカル指標もあり。
サムネ画像
目次
  • テクニカル分析専用ツール「プラチナチャート」を表示してみよう
  • GMOクリック証券で使えるテクニカル一覧
  • 水平ライン、トレンドライン
  • フィボナッチ・リトレースメント、ペンタゴンチャートほか
GMOクリック証券

テクニカル分析専用ツール「プラチナチャート」を表示してみよう

GMOクリック証券では、テクニカル分析専用ツールが用意されています。

GMOクリック証券 プラチナチャート

プラチナチャート

プラチナチャートの起動方法 (その1)

①GMOクリック証券のサイトからマイページにログインし、ツールを押下する。

GMOクリック証券 プラチナチャートの起動方法

各種サービスに掲載されている「Platinumチャート 押すだけカンタン起動」を押下する。

GMOクリック証券 プラチナチャートの起動方法2

プラチナチャートの起動方法 (その2)

はっちゅう君FXPlus上にも起動リンクがあります。

GMOクリック証券 プラチナチャートの起動方法3

こちらの方が早いかも。

GMOクリック証券で使えるテクニカル一覧

GMOクリック証券の取引システムで使えるテクニカル一覧について。使用できるテクニカル指標は以下の通りです。トレンド系、オシレータ系共に豊富なテクニカル指標が用意されています

GMOクリック証券 使用できるテクニカル指標一覧
トレンド系
単純移動平均線(SMA)
指数平滑移動平均線(EMA)
エンベロープ
ボリンジャーバンド
HLバンド
移動平均線/実線乖離率
ケルトナーチャネル
カオス アリゲーター
平均足
新値足
カギ足
陰陽足
ポイント&フィギュア
パラボリック
CCI
ジグザグチャート
線形回帰トレンド
アルーン
バランスオブパワー
一目均衡表
オシレータ系
MACD(マックディ)
モメンタム
A/Dライン
ACオシレーター
オーサムオシレーター
ブルパワー
ベアパワー
デマーカー
RVI
RSI
ストキャスティクス
ウィリアムズ%R
サイコロジカルライン
DMI
-ADX
-ADXR
RCI
ROC

単純移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表といった馴染みのあるテクニカル指標をはじめ、ケルトナーチャネル、カオスアリゲーター、アルーン、デマーカーといった聞き慣れないマニアックなテクニカル指標も用意されています。かなり豊富に揃っていますね。

重ね表示、複数表示

複数のテクニカル指標を同時に重ねて表示することもできます。(※画像は極端な例です)

GMOクリック証券 テクニカル指標を複数表示

どこまで同時表示できるか試してみました。一応、10以上のテクニカル指標を同時表示できます。実際の運用では、2~3つほどのテクニカル指標を組み合わせて使用するケースが多いかと思います。

GMOクリック証券 テクニカル指標を複数表示2

一目均衡表とMACDの同時表示(例)

水平ライン、トレンドライン

ライントレーダーに向けて、水平ライン、トレンドライン(斜め線)の描写ももちろん可能です。

GMOクリック証券 水平ライン、トレンドライン

チャネルライン機能を使うと、簡単にチャネルライン(2本の並行線)を引くことができます。

ライントレードを行う際は、背景線(グリット)を消しておくと見やすくなります。

フィボナッチ・リトレースメント、ペンタゴンチャートほか

GMOクリック証券 フィボナッチ・リトレースメント

フィボナッチ・リトレースメントの表示例

GMOクリック証券 ペンタゴンチャート

ペンタゴンチャート(五角形チャート)の表示例

正五角形はすべて黄金分割比で出来ているため、フォボナッチ数列と同様、自然界で美しい図形といわれています。宝探しの感覚で、ペンタゴンチャートから何かの法則性を探してみるのも面白いですね。

GMOクリック証券
基本情報
いまここ
GMOクリック証券 (テクニカル表示について)