FX歴9年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

自分に合ったトレードスタイルを見つけよう (FXトレード)

きちんとトレンドを読んだトレード経験を積むのであれば、デイトレードが一番良いです。
キャプ画像
目次
  • 性格が色濃く出る 「トレードスタイル」
  • プロスペクト理論の性質上、スキャルピングトレーダーが多いように思う
  • FX経験値を積みたいならデイトレードがいい

性格が色濃く出る 「トレードスタイル」

独断と偏見で、トレードスタイルと性格との関係をレッテル貼りしてみたいと思います。

スキャル
  • ポジションを長く持てない。
  • せっかち。
  • 一攫千金狙い。
  • 毎日勝ちたい。
  • 物事に熱中するタイプ。
デイ
  • スキャル寄りの性格の人が多いと思う。
スイング
  • ポジションを長く持てる。(仕事中も気にならない)
  • 性格がおおらか。
  • FXに過度な期待を持っていない。

「損切りできないからスイングトレードに切り替える」なんていう人は、スイングトレーダーから除外しています。

考える

プロスペクト理論の性質上、スキャルピングトレーダーが多いように思う

プロスペクト理論は、リスク・リターンに関する人間心理を分かりやすく指摘したものですが、要するに人間は利益が出ている時は出来るだけ早く利益確定したくなり、損失を抱えている時には博打をうってでも損失をゼロにしたいと考える生き物ということです。

スキャルピングトレードを選択する人は、

  • さっさと利益確定したいから。
  • ポジションを長く持てないから。

なんて理由の人が多く居ますが、少なからずプロスペクト理論が影響してるようにも思います。スキャラー人口が多い理由は、もしかしたらこんな所が関係しているのかもしれませんね。

一応、確実に跳ね返る値幅だけ狙っていくから、直近の抵抗を抜ける・抜けないといった時間軸特有のジレンマに悩まされる必要がないってのも、スキャルピングを選択する利点でもありますが。

FX経験値を積みたいならデイトレードがいい

きちんとトレンドを読んだトレード経験を積むのであれば、デイトレードが一番良いです。

取引機会でいえばスキャルピングトレードが一番多いですが、スキャルピングは壁を探すような作業なので、最悪直近トレンドが読めてなくても成果は上がると思います。ただ、スキャルばかりやっているとトレンド予想の力はあまり育たないと思います。

反対にスイングトレードの場合、ノイズが減ってチャート信頼性も上がりますが、いかんせんエントリー機会に恵まれる回数が少なく、十分な取引経験を積むには時間が掛かり過ぎます。

デイトレードレベルの短期トレンドを本当の意味で正確に読み切るには長い熟練が要りますが、乗り越えるだけの価値はありますよ。(私は6年掛かりましたが)

一応、私はスキャルピングからスイングまで満遍なく出来ますが、週明けの窓が怖いのでスイングトレードはやっていません。昼間に別作業をしているのでそれに集中したいって理由もあります。スキャルは疲れるので暇つぶし程度にやってる感じです。メインはデイトレードですね。

イラスト
時間軸と3つのスタイル
→
自分に合ったトレードスタイルを見つけよう (FXトレード)
FXの初心者講座
管理人
  • FX歴9年 (2008年~)
  • デイ・スキャル (原則持ち越しなし)
  • 月利3% (破産確率を考慮)
  • 長く勝ち続けること。
  • 無理せず淡々と利確。
  • 欲が出たときこそ危ない。
  • 元手あっての世界。
> プロフィール
FX会社比較
  • FX会社をスプレッドで比較
  • FX会社をワップポイントで比較
  • FX会社を通貨ペア数で比較
  • FX会社を口座開設キャッシュバック金額で比較