FX歴11年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

FXのポジポジ病を克服するには?

FXを趣味感覚ではなく真剣に勝とうとしているのであれば、明確なエントリー理由がない場合にはエントリーを見送るという鉄則を守れるようになります。
サムネ画像
目次
  • ポジポジ病とは
  • ポジポジ病になってしまう原因
  • ポジポジ病は、取引経験を重ねれば自然と矯正される

ポジポジ病とは

FXにおけるポジポジ病とは、まるでギャンブル依存症になったかのようにただ何となくエントリーを繰り返して毎日何十回もの取引を重ねる行為を指します。毎日何十回も取引を重ねる手法にスキャルピングトレードがありますが、明確なエントリー理由があって新規ポジションを取るスキャルピングトレードに比べ、ポジポジ病には明確なエントリー理由がありません

為替レート

「さっき負けたばかりなのに、またすぐにエントリーしてしまう」

為替チャート

「ただFXがしたい!」
「ポジションを持っていないと落ち着かない!」
「値動きが気になって仕方がない!」

ポジポジ病になってしまう原因

FXでポジポジ病になってしまう原因にはいくつかあります。

  • 負けが込んでいるので無理にでもエントリーしようと焦っている。
  • 「毎日20pips取る」といったように時間的制約や技量に伴わないノルマを課している。
  • FXが楽しくて仕方がない時期。
  • 勝敗は別にどうでもいい趣味感覚。

FXを趣味感覚や勝敗関係なく暇つぶし程度に楽しんでいるのであれば、ポジポジ病であっても別に問題がないのではと思います。ただ、心の不安定やメンタル的な理由でポジポジ病になってしまっている場合、苦しみや後悔が残りそうですね。

FXトレード

ポジポジ病は、取引経験を重ねれば自然と矯正される

よく「損切りできない」と悩む方が居ますが、損切りできない病は取引経験を重ねれば自然と矯正されます。ポジポジ病も同じで、長い取引経験を重ねるうちに自然と矯正されていきます。私はFXを11年以上やっていますが、私自身もかつてポジポジ病に悩まされたことがあります。もう遥か昔の話ですが。

経験によって見えてくるもの

  • 「今日は動かない日だ」「ボラティリティ(値動き)が少ない日になるだろう」といった、おおよその時間感覚が身に付く。要はボーっと為替チャートを見ていても仕方がない日が分かるようになる。
  • 自分の取引手法が完全に確立すると、それ以外の相場ではエントリーしないという明確な理由が生まれる。「自分の実力ではこの相場は入れない」という客観的な判断ができるようになる。

FXを趣味感覚ではなく真剣に勝とうとしているのであれば、明確なエントリー理由がない場合にはエントリーを見送るという鉄則を守れるようになります。ポジポジ病はいわば依存性のある衝動です。ポジポジ病を発症しているうちは真剣さが足りないと言われても仕方がありません。

ポジポジ病は、為替相場を真剣に取り組んでいれば自然と治ります。

気持ちが前のめりになっていると、今でも落ち着かなくなることがたまにありますが。(笑)

イラスト
行動心理
いまここ
FXのポジポジ病を克服するには?
投資行動と心理学 (その他記事)
管理人
  • FX歴11年 (2008年~)
  • デイ・スキャル (原則持ち越しなし)
  • 月利3% (破産確率を考慮)
  • 長く勝ち続けること。
  • 無理せず淡々と利確。
  • 欲が出たときこそ危ない。
  • 元手あっての世界。
> プロフィール
FXの初心者講座
FX口座開設に迷ったらココがおすすめ。
FX会社比較
  • FX会社をスプレッドで比較
  • FX会社をワップポイントで比較
  • FX会社を通貨ペア数で比較
  • FX会社を口座開設キャッシュバック金額で比較