専業トレーダーと学ぶ、FXの基礎・応用
FX歴12年 専業トレーダーと学ぶ、FXの基礎・応用
  • ホーム
  • DMM.com証券 ››
  • DMM.com証券 ~良い点・悪い点・使ってみた感想など (総評)
 更新日2020/05/09

DMM.com証券 ~良い点・悪い点・使ってみた感想など (総評)

取引コストを抑えたいデイトレーダー・スキャルピングトレーダー向けに、主力の一角として戦える高パフォーマンスを提供してくれます。FX会社としては新興の部類ですが、総合力は高いです。
  • DMM.com証券の評判
  • 良い点
  • 悪い点 (改善点や要望)
  • 個人的評価

DMM.com証券の評判は?

FX口座数国内第1位にも輝いたことのあるDMM.com証券。国内FX業者の2トップであるDMM.com証券とGMOクリック証券は、あの手この手で熾烈な顧客獲得争いをしている印象です(※個人的イメージ)。その恩恵は高額キャッシュバック金額や極狭スプレッドに現れています。

いずれにせよ競争原理が働くのは良いことですね。DMM.com証券はメイン口座として使うこともよくあるFX会社です(現在はサブ運用)。

  • 平時の極狭スプレッド
  • 経済指標時の安定したスプレッド
  • 口座開設時の高額キャッシュバック
  • 有名人を積極的に起用したCM広報戦略
  • 平日のメンテナンス時間なし(完全24時間の取引)

一見穴が見当たらないくらい頑張っており、個人的には使える業者という認識です。下馬評イメージでありがちな「見た目だけのスカスカ業者」ではないのでご安心を。一部批判的な意見も耳にしますが、実際に使ってみると言うほど悪いFX業者でもありません。

良い点

良い点

DMM.com証券の良い点を挙げるならば、以下があります。

  • 平時の安定したスプレッド(極狭)
  • 経済指標時の安定したスプレッド
  • パニック相場でもサーバが安定している
  • 口座開設時の高額キャッシュバックは国内有数
  • 平日のメンテナンス時間なし(完全24時間の取引)
  • 通貨相関を確認できる比較チャートが便利
DMM.com証券 取引画面
DMM FX PLUS版

1. 平時の安定したスプレッド(極狭)

DMM.com証券のスプレッドは国内トップクラスの狭さを誇ります。ユーザのニーズに応える努力や押さえるべきポイントはしっかり押さえています。さすが激化する顧客獲得競争の中、国内トップを争っているFX会社といった印象です。

ドル円 ユロドル ポンドル オジドル ユロ円 ポン円 豪円 ユロポン
DMM 0.2 0.4 1.0 0.9 0.5 1.0 0.7 1.0
※ドル円・ユロ円・ポン円・豪円のスプレッド単位は「銭」、ユロドル・ポンドル・オジドル・ユロポンのスプレッド単位は「pips」になります。
※スプレッド幅は原則固定ですが、相場乱高下時などスプレッドが拡大する場合があります。
※FX会社や通貨ペア名については、表スペースの都合上、一部略称を使わせて頂いております。
※記載に誤りがある場合もあるので、詳細は各FX会社で確認するようにしてください。
(2020/05/01更新)

また、ただ見た目が狭いだけでなくかなり安定したレート配信を行っおり、突然スプレッド幅が広がるスプレッド詐欺もありません。ドル円ユーロドルほかドルストレート、ユーロ円ポンド円ほかクロス円と、全体的に見ても狭いスプレッド配信がされています。

2. 経済指標時の安定したスプレッド

気になる経済指標時のスプレッドについてですが、おそらく経済指標時のスプレッド拡大幅も国内FX業者間で狭い部類に入ると思います。雇用統計(非農業部門雇用者数)、FOMC政策金利、FRB議長の発言、ECB政策金利、ECB総裁の発言といった超重要指標時でもスプレッドの広がりは限定的です。おそらく国内業者でも3~4番手を争えるくらいの指標スプレッド安定度だと思います。

DMM.com証券 雇用統計(非農業部門雇用者数) スプレッド幅

雇用統計(非農業部門雇用者数)におけるスプレッド幅。他の競合他社と比較してもスプレッドの広がり幅は狭い。スプレッド拡大が戻るのは早くて30秒程度、遅くとも1~2分以内には戻ることが多いです。まだ十分な統計を取っていませんが、戻るまでに長時間待たされたケースはほとんどありません。

3. パニック相場でもサーバが安定している

DMM.com証券はまだ何年も使用している訳ではありませんが、パニック相場でもサーバが安定している印象を受けます。さすがに1500pipsクラスの大暴落が起きたスイスフラン事件や英国EU離脱の国民投票時にはスプレッドが拡大して滑りも発生しましたが、サーバ自体は落ちすることなく普通に取引ができました。基本的にこういったイレギュラー相場ではレート配信元のインターバンクも混乱している状態なので、どこのFX業者を使用していても危険が伴います。パニック相場での取引は極力控えるようにしましょう。

4. 口座開設時の高額キャッシュバックは国内有数

DMM.com証券よりも高額のキャッシュバックを謳っているFX業者はありますが、何十万という高額キャッシュバックにはそれ相応の取引高を上げなければならないなど、実際に条件クリアするハードルが高い場合が多いです。DMM.com証券の場合、ある程度の資金力があれば比較的容易に高額キャッシュバックの受け取り条件を達成できるので、新規口座開設時には積極的に狙っていきたいですね。

5. 平日のメンテナンス時間なし(完全24時間の取引)

国内FX業者の多くは平日午前6:00頃に10~30分のシステムメンテナンス時間を設けています。メンテナンス時間には顧客側の取引注文が一切通せなくなるため、デイトレードなどストップの浅いポジションを保有している場合に、取引不能による損失リスクが高まります。かつて、日本のFX業者がシステムメンテナンスになる時間帯を狙ったアメリカ勢による「大規模な売り仕掛け」が行われたことがあります(メンテガラ)。私も喰らったことがある張本人なので鮮明に覚えています。土日以外の平日にも、こういった顧客注文が通らなくなる時間帯があることは覚えておいた方が良いです。

DMM.com証券ではこの平日メンテナンス時間がありません。そのため、平日であれば24時間いつでもポジションをクローズすることができます。国内FX業者の多くは平日メンテナンス時間を設けているため、他業者にはない優位な独自サービスといえます。

通貨相関を確認できる比較チャートが便利

DMM.com証券 比較チャート

通貨相関を比較できるツールです。他のFX会社にはあまり用意されていない機能なので、通貨相関を確認したいユーザには重宝します。

悪い点 (改善点や要望)

悪い点

DMM.com証券の改善点や要望を挙げるならば、以下があります。

  • 約定力は普通
  • 取引ツールに改善点あり

1. 約定力は際立って高い訳でもない (水準以上はある)

DMM.com証券自体、あんまり穴という穴も見当たらないのですが、強いて挙げるなら約定力でしょうか。

平時のスプレッド幅や経済指標発表時のスプレッド幅拡大については申し分ないパフォーマンスを発揮してくれますが、約定力は際立って「高い」ような印象は受けません。ただ、約定力が低いというわけでもないため、あくまで「普通~やや高い」というレベルです。

具体的な話をすると、ストリーミング注文でスリッページを1.0pipsに設定しておくと、1.0pips滑ることが稀にあります。どれくらいの頻度と言われると難しいですが、若干気になるというレベルです。取引システムの約定力が低いと、こういった滑りが増えます。私の場合、スリッページは0.3pipsに設定しています。スリッページがどうしても嫌であれば、「滑りなし」に設定すればスリッページはなくなります。反面、約定注文を蹴られるケースが増えます。

DMM.com証券 スリッページなし

また、スリッページは顧客側に有利に約定することもあるため、故意に不利約定が選択されるわけではありません。あくまで値動きの許容範囲をどの程度に想定するかの問題です。

ただ、いまここで書いていることは比較的高いレベルでの要求になります。顧客が文句を言いだしたら際限なく言えてしまいます。高すぎる要求ばかりしていると、使えるFX業者なんて皆無になってしまうので注意したいところです。

2. 取引ツールに改善点あり

DMM.com証券の取引ツールは、一見すると一通りの機能を備えているように見えますが、細かい部分を要求するとまだまだ改善してほしい点があります。簡単に気になった点は、直近高値安値の表示がない、水平ラインが引きにくい、たまにWebブラウザのリロードが入るといった点です(DMM FX PLUS版)。改善提案に対しては積極的に動いてくれそうなので、これからまだ良くなるかなといった印象です。

個人的評価(総評)

スプレッド ★★★★★
スプ安定度 ★★★★★
指標時スプ ★★★★
約定速度 ★★★
サーバ安定度 ★★★★
取引ツール ★★★
スワップ ★★★★
総合評価 28点
※個人的評価
良
  • 平時のスプレッド、スプレッド安定度、経済指標時のスプレッドはかなり安定してます。単純に「スプレッドの狭さ」と「配信能力」を見れば国内トップクラスの高水準にあります。瞬間的にスプレッドを広げるスプレッド詐欺のような行為もありません。この点は予想以上の高パフォーマンスなので若干驚いています。平時の狭いスプレッド幅に加え、経済指標時にもあまりスプレッドが広がらないのは強みです。
  • その反面、約定速度(約定力)はそこまで高くはない印象です。スリッページを「滑りなし」に設定しておくと平時であれば通りますが、相場が急変動している時には約定注文が通らないことも時々あります。私の場合、スリッページは「0.3pips」に設定しています。スリッページ「0.3pips」であればほとんどの約定は通ります。毎度のように滑るわけではないので、運悪く不利約定した場合もそこまで気にならないと思います。
  • あとは取引ツールがまだ発展途上な感じです。標準的な機能は備えていますが、細かい部分で気になる点がいくつかあります。直近高値安値表示がない、水平ラインが引きにくい、たまにWebブラウザのリロードが入るなど。注文自体はすんなりと出せるのでそこは心配しなくてOKです。
  • 平日のシステムメンテナンス時間がない完全24時間取引なので、デイトレードにおける取引不能リスクが軽減されます。国内FX業者の多くは平日メンテナンス時間を設けているため、優位な独自サービスといえます。

取引コストを抑えたいデイトレーダー・スキャルピングトレーダー向けのFX会社。FX会社としては新興の部類ですが、総合力は高いのでFX口座の主力として戦える高パフォーマンスを提供してくれます。

総合力はかなり高いので、メイン~サブ運用に向いてます。