FX歴10年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

DMM.com証券は、スプレッド原則固定の点において恐らく国内最強を誇る

ストップ狩りなど相場が乱高下している最中でも、故意にスプレッド幅が拡大することはほとんどありません。(原則固定の遵守)
サムネ画像
目次
  • FX業者を選ぶ大きな基準 「スプレッド幅」
  • スプレッド幅が拡大しやすいFX業者もある
  • スプレッド原則固定と 「例外あり」
DMM.com証券

FX業者を選ぶ大きな基準 「スプレッド幅」

昨今のFX業界は、低スプレッド化が進んでいます。

ドル円 ユロドル ポンドル オジドル ユロ円 ポン円 豪円 ユロポン
DMM 0.3 0.4 1.0 0.9 0.5 1.0 0.7 1.0

※ドル円・ユロ円・ポン円・豪円のスプレッド単位は「銭」、ユロドル・ポンドル・オジドル・ユロポンのスプレッド単位は「pips」になります。
※スプレッド幅は原則固定ですが、相場乱高下時などスプレッドが拡大する場合があります。
※FX会社や通貨ペア名については、表スペースの都合上、一部略称を使わせて頂いております。
※記載に誤りがある場合もあるので、詳細は各FX会社で確認するようにしてください。
(2018/08/01更新)

上の表はDMM.com証券のスプレッド幅ですが、これは国内業者間でトップクラスに狭い水準にあります。

FX業者を選ぶ基準は様々ありますが、特に取引頻度の多いデイトレーダー・スキャルピングトレーダーの場合、毎回取引コストとなるスプレッド幅は狭いに越したことはありません。

こういった背景があるため、昨今のFX業者の多くは低スプレッド化を進めています。

スプレッド幅が拡大しやすいFX業者もある

スプレッド幅は数値化されている非常に分かりやすい指標なため、狭いスプレッド幅を提示しているFX業者は、それだけで顧客の注目を浴びます。

そのため、FX業者の中には無理して平時のスプレッド幅を狭く提示し、ちょっと値が乱高下しただけで故意にスプレッド幅が拡大してしまう脆弱なFX業者も存在します。

ただ、あからさまなスプレッド詐欺行為は顧客離れを引き起こしてしまうため、実際にはこういった行為をするFX業者は少ないと思います。

スプレッド原則固定と 「例外あり」

FX業者の多くは「スプレッド原則固定 (ただし例外あり)」と謳っています。この「例外あり」に当たる部分には、以下があります。

スプレッド拡大が起こる相場状況
  • 経済指標発表時
  • 値動きの乏しい閑散相場 (夜間・早朝・平日の祝日など)
  • 相場の乱高下時

スプレッドの原則固定がどれだけ守られているかを確認するには、おおよそ上記のような項目を確認すれば良いです。

DMM.com証券の場合、これらの「例外あり」に当たる部分による影響がかなり小さく、スプレッド幅の原則固定という点においては恐らく国内最強に安定していると思います。

経済指標発表時のスプレッド拡大幅も限定的ですし、1~2分しない間に元にもどります。また、閑散相場でも他業者に比べてスプレッド幅が安定しています。ストップ狩りなど相場が乱高下している最中でも、故意にスプレッド幅が拡大することはほとんどありません

取引単位を小さくする代わりに低スプレッド+原則固定を遵守しているFX業者もありますが、DMM.com証券の場合はワンショット100万通貨単位を打ってもこのスプレッド幅が原則固定されているので、取引枚数の多いアクティブトレーダーにも影響なく大きな取引ができます。

DMM.com証券
DMM.com証券が特に優れている点
いまここ
DMM.com証券は、スプレッド原則固定の点において恐らく国内最強を誇る
管理人
  • FX歴10年 (2008年~)
  • デイ・スキャル (原則持ち越しなし)
  • 月利3% (破産確率を考慮)
  • 長く勝ち続けること。
  • 無理せず淡々と利確。
  • 欲が出たときこそ危ない。
  • 元手あっての世界。
> プロフィール
FXの初心者講座
FX口座開設に迷ったらココがおすすめ。
FX会社比較
  • FX会社をスプレッドで比較
  • FX会社をワップポイントで比較
  • FX会社を通貨ペア数で比較
  • FX会社を口座開設キャッシュバック金額で比較