FX歴10年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

DMM.com証券には早朝のメンテナンス時間が存在しない (平日完全24時間取引)

DMM.com証券には早朝のメンテナンス時間がないため、平日は完全24時間取引が実現されています。早朝メンテナンス時間を設けているFX会社が多い中、これは他社との差別化が図れる良いアドバンテージになります。
サムネ画像
目次
  • FX会社のメンテナンス時間
  • DMM.com証券には早朝のメンテナンス時間がない
DMM.com証券

FX会社のメンテナンス時間

FXは平日であればほぼ24時間取引ができます。「ほぼ」というのは、早朝のメンテナンス時間が存在するためです。

多くのFX会社は、平日の早朝6:00前後の時間にメンテナンス時間を設けています(15分~30分間程度)。メンテナンス時間では、ロールオーバー、日締め処理などの内部処理が行われます。

メンテナンス時間 (参考値)
平日 早朝6:00前後 (15分~30分間程度)
土日 土曜日早朝6:00前後~月曜日早朝6:00前後

※時間はサマータイム(夏時間)のものです。冬時間では1時間遅くなります。
※メンテナンス時間はFX会社によってバラつきがあります。
※平日の祝日も為替相場は開いています。

DMM.com証券には早朝のメンテナンス時間がない

DMM.com証券には早朝のメンテナンス時間がないため、平日は完全24時間取引が実現されています。早朝メンテナンス時間を設けているFX会社が多い中、これは他社との差別化が図れる良いアドバンテージになります。

DMM.com証券 早朝のメンテナンス時間なし
  • なんで早朝のメンテナンス時間がない方がいいの?
  • たった15分程度取引ができなくなるだけでしょ?

と思われる方も居ると思います。実際、平日の早朝にメンテナンス時間があるかないかは、そこまで大きな影響はありません。

メンテガラの思い出

ただ、私にはその昔「メンテガラ」に遭遇した苦い思い出があります。メンテガラとは、日本国内のFX業者が一斉にメンテナンス時間に突入する早朝6時の時間帯を狙って行われた、欧米勢による大規模な売り仕掛け(ドル売り円買い)のことです。 (3円くらい一気に円高に振れました)

いつ頃だったか忘れましたが(2011年前後?)、当時のことを知っている方は今でも為替相場に生き残れている人ですね。

このメンテガラが起こった時、私は運悪くドル円の買いポジション保有中で、損切りしたくともFX業者がメンテナンス時間に入っていたので何も出来ず、ただレートが落ちていくのを呆然と眺めていた記憶があります。今よりもハイレバ取引していたので、一気に追証を喰らいました。 (サブ口座で運用していたので追証額自体は大したことなかった)

これが私のFX歴10年の中で唯一追証を喰らった経験です。

こういったクソ苦い経験があるため、平日の早朝メンテナンス時間を設けていないFX会社にはかなりの好感を持っているのです。 (喰らった人にしか分からない有難み)

私が知っている限りでは、平日の早朝メンテナンス時間を設けていないFX業者は、DMM.com証券、GMOクリック証券くらいです。ヒロセ通商も、日時更新処理が5分ほど入るくらいでメンテナンス時間は非常に短いですね。

DMM.com証券
DMM.com証券が特に優れている点
いまここ
DMM.com証券には早朝のメンテナンス時間が存在しない (平日完全24時間取引)
管理人
  • FX歴10年 (2008年~)
  • デイ・スキャル (原則持ち越しなし)
  • 月利3% (破産確率を考慮)
  • 長く勝ち続けること。
  • 無理せず淡々と利確。
  • 欲が出たときこそ危ない。
  • 元手あっての世界。
> プロフィール
FXの初心者講座
FX口座開設に迷ったらココがおすすめ。
FX会社比較
  • FX会社をスプレッドで比較
  • FX会社をワップポイントで比較
  • FX会社を通貨ペア数で比較
  • FX会社を口座開設キャッシュバック金額で比較