専業トレーダーと学ぶ、FXの基礎・応用
FX歴11年 専業トレーダーと学ぶ、FXの基礎・応用
  • ホーム
  • ヒロセ通商 ››
  • 客観的にトレード成績診断ができるツール (LION分析ノート)

客観的にトレード成績診断ができるツール (LION分析ノート)

ヒロセ通商には、自分のトレード成績を客観的に分析してくれる便利なツールがあります。Excel表などを使って自分でまとめる手間が省け、また自分の強みや弱みも分かるので非常に便利です。
  • 取引履歴を集計し、トレード成績を表示してくれる便利ツール
  • LION分析ノートの表示方法

取引履歴を集計し、トレード成績を表示してくれる便利ツール

ヒロセ通商が提供するLION分析ノート。

LION分析ノート

いやぁ便利な診断ツールが出来たものですね。私がFXを始めた2008年頃にはこんなツールはなかった(と思う)ので、今からFXを始められる人は環境が恵まれていて羨ましいです。DMM.com証券にもこれとほぼ同じ診断ツールが用意されているので、この診断ツール自体は恐らく外部業者が開発したものだと思います。

上画像は一年間のトレード成績になりますが、運用資金の推移、買いトレード損益、売りトレード損益、取引銘柄比率(%)、買い比率(%)、売り比率(%)といったデータを集計して客観表示してくれます。

こういった客観的な指標があると、自分のトレードの特徴、傾向、ポジションの偏り、弱点などが見えてくるので非常に便利です。

LION分析ノートの表示方法

ちょっと分かりにくい場所にあるので、私も気が付くまでに時間が掛かりました。いつ頃から導入されてたんだろう(笑)。ヒロセ通商から届くメールなんて、毎月の食品チェックするとき以外はしっかり読まないからなぁ。

LION分析ノートの表示方法

私はLIONFXの.NET版をインストールしているので、そちらの説明になります。

取引ツール上部のツールバーに「情報」という項目があります。その中に「LION分析ノート」があるのでマウスクリックするとブラウザページが起動します。

LION分析ノート トップページ

「任意の日付、一週間、一ヶ月、一年」などの表示期間を選択できる。(上画像は2週間データ)

昔はExcel表で収支管理や損益グラフを作成していましたが、そんな手間も不要になりました。

今後もさらに便利な取引ツールが登場するのを楽しみにしています。