相場と生きる。
FX歴15年 相場と生きる。

FXで「ポジションを取る」行為が意味するもの

FXのポジションは原則、「買い」と「売り」をワンセットにして取引を行わなければなりません。どうでもいい話なようで、これが意外と重要な意味を持っているのです。
  • ポジションを取るという行為
  • 売りボタンを設置する、決済予約注文
  • 決済注文が溜まっていくとどうなるのか?
最終更新日 2023/05/27

ポジションを取るという行為

普段何気なく取引、ポジションを取っていると、本来の性質を忘れてしまうことがあります。

買い(ロング)から入る場合
  • 買いボタンを押して、新規ポジションを持つ。
  • 売りボタンを押して、ポジションを決済する。(※売り抜ける)
売り(ショート)から入る場合
  • 売りボタンを押して、新規ポジションを持つ。
  • 買いボタンを押して、ポジションを決済する。(※買い戻す)

FXの原則は、「買い」と「売り」がワンセット

FXのポジションは原則、「買い」と「売り」をワンセットにして取引を行わなければなりません。

買い(ロング)から入る

どうでもいい話なようで、これが意外と重要な意味を持っているのです。

例えば、「買い」から入った人間(ロンガー)は、「売り」ボタンをどこで押すかによって、得をするか損をするかが決まります。「買い」から入った人間にとって、ポジションを持っている状態とは、必ずどこかで押さなければならない「売り」ボタンを持っていることを意味します。

逆に「売り」から入った人間(ショーター)は、ポジションを持っている間、「買い(戻し)」ボタンを保有し続けることになります。

売りボタン

売りボタンを設置する、決済予約注文

FXでは、決済注文を予約することができます。

OCO注文

定石は、利益目標ラインと損切りラインにそれぞれ決済注文を入れるやり方です。(OCO注文

  • 決済注文①(利益目標ライン)
  • 決済注文②(損切りライン)

これによって、「売り(決済)」ボタンが、利益目標ラインと損切りラインに設置される。

決済注文が溜まっていくとどうなるのか?

設置した売りボタンが溜まっていく状態は、「ストップが溜まっている」状態といえます。このストップが大量に溜まっていくと・・・。

管理人
FX歴 15年(2008年~)
年利 8~15%(破産確率を考慮)
投資スタイル
デイトレードが中心(原則持ち越しなし)
大切にしていること
  • 長く勝ち続けること。
  • 無理をしないこと。
  • 欲が出たときこそ危ない。
  • 元手あっての世界。
私が使っているFX会社
  • 業界大手
  • スキャル、デイトレ、スイングどれも対応できる口座
  • 50枚以上のデカい玉をデイトレでぶちかます用
  • スプレッドが国内トップクラスに狭い
  • くりっく365口座も同時開設でき、スワポ長期投資にも向く
  • 穴が見当たらない総合力の高いFX会社
使用感など
  • スキャル、デイトレ用
  • ここのチャートを観ることが多い(レート表示がパカパカ早い
  • 食品配送してくれる(自営の食品工場あり)
  • スプレッドが国内トップクラスに狭い(最近やや不安定)
  • マイナススワポは不利なので注意(プラススワポは優遇)
使用感など
  • 業界大手
  • たまに使う(最近また触り始めてる)
  • スプレッドが国内トップクラスに狭い
  • スワップポイントが高水準(くりっく365と比較して遜色ない)
  • お金を出すところにはドンと出す印象(経営が上手い
使用感など