専業トレーダーと学ぶ、FXの基礎・応用
FX歴11年 専業トレーダーと学ぶ、FXの基礎・応用

北朝鮮が再びミサイル発射、日本上空通過、Jアラート作動、米領グアム射程圏内 (2017年9月15日)

総評としては、前回のミサイル発射同様、チャート形成のための燃料にされただけに終わった印象。今回のミサイル発射でも、直近トレンドを大きく捻じ曲げるような大変動は起こらなかった。
  • 2017年9月15日 北朝鮮が再び弾道ミサイルを発射
  • 弾道ミサイルの概要
  • 為替相場への影響 (ドル円相場)
  • 総評

2017年9月15日 北朝鮮が再び弾道ミサイルを発射

2017年9月15日の早朝6:57頃、北朝鮮が弾道ミサイルを発射。ミサイルは日本領域上空(北海道地方)を通過し、襟裳岬の東約2,200㎞の太平洋上に落下。

  • 発射4分後にJアラート(全国瞬時警報システム)が作動、北海道や東北地方を中心に発射警報が流れる。
  • 日本側の破壊措置なし。
  • 日本本土への落下物・被害確認なし。

弾道ミサイルの概要

  • 中距離弾道ミサイル「火星12」
  • 最高高度800㎞
  • 飛距離3,700㎞
北朝鮮 中距離弾道ミサイル

8月29日から日を置かずして再び発射されたミサイル。今回は米領グアムを射程圏内に抑える飛距離を記録。

日本政府もこれに対抗し、「非常に強い遺憾の意」砲を放った。

為替相場への影響 (ドル円相場)

この時は早朝の報道を知ってから、すぐに為替相場を確認しました。(直前に取引はしていなかった)

北朝鮮ミサイルとドル円相場

一応、この時の直近トレンドは上であり、ドル円はまだしばらく緩やかな上昇を続けると予想していました。

(※発射直後の画像を基に、直前の状態を再現しています)

① 発射直後

北朝鮮ミサイルとドル円相場

やや円高に進行。(チャートの崩れなし)

北朝鮮ミサイルとドル円相場

1分足で見ると派手に落ちているが、私が普段見ている4時間足スケールだと想定内の動き。(チャートは捻じ曲げられてはいない)

② 欧州時間 (発射から9時間後)

北朝鮮ミサイルとドル円相場

当初の想定通り、チャート形が大きく崩されることなく上抜け。(本筋への影響なし)

総評

総評としては、前回のミサイル発射同様、チャート形成のための燃料にされただけに終わった印象。今回のミサイル発射でも、直近トレンドを大きく捻じ曲げるような大変動は起こらなかった。

ただ、短期的には円高に振れる傾向があることも事実

日本に対する直接脅威なのに、世界の反応は「円高」なんですね~。

前回の記事にも書きましたが、「日本上空通過」と「日本落下」では全く意味合いが異なるので、日本に落ちてきたらどうなるかは分かりません。