FX歴11年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

それ以外の時間帯と、気を付けるべき事項

東京時間や欧州時間やニューヨーク時間にも、ほとんど値動きが発生しない時間帯というものが存在します。
サムネ画像
目次
  • FX取引における3つの大きな時間帯
  • それ以外の時間帯
  • 株式市場の休み時間には、為替相場の値動きも鈍化
  • 気を付けるべき事項
  • 経済指標の前にはポジションを持たない
  • 持ち越しには十分注意する
  • 自分の得意な時間帯以外は極力避ける

FX取引における3つの大きな時間帯

為替相場の1日の値動きは、おおよそ3つの大きな時間帯に分類することができます。

  • 東京時間(9:00~16:00)
  • 欧州時間(16:00~24:00)
  • ニューヨーク時間(21:00~翌6:00)
FXの時間帯

それ以外の時間帯

それ以外の時間帯とは、上記の3つの時間帯を除けば6:00~9:00の時間帯(≒オセアニア時間)ということになりますが、東京時間や欧州時間やニューヨーク時間にも、ほとんど値動きが発生しない時間帯というものが存在します。

株式市場が昼休みとなる時間帯です。

株式市場の休み時間には、為替相場の値動きも鈍化

株式市場が昼休みとなる時間帯に合わせて、為替相場の値動きも鈍化します。

為替相場は株式市場と連動している

為替相場は株式市場と連動しています。個人的な感覚では、為替相場が株式市場の値動きに合わせている感覚です。(時間間隔やタイミングの意味で。株式市場が先行指標という訳ではない。)

株式市場には前場と後場というものが存在します。

前場 後場
東京市場 9:00~11:30 12:30~15:00
欧州市場 16:00~19:00 21:30~24:00
NY市場 21:30~24:00 翌2:00~6:00

東京株式市場における前場と後場に関しては上記の通りですが、欧州市場とニューヨーク市場の前場と後場に関しては、サマータイム制や複数の金融市場が開いていることから、私の経験則に基づく活発になるおおよその時間帯と考えてください。(※上記は夏時間によるものです)

値動きの鈍化

前場と後場を挟んだ株式市場も休憩時間となる時間帯は、為替相場も値動きが鈍足化、またはほとんど値動きが発生しなくなることがあります。

取引経験を積めば、この値動きの差が体感できるようになるかと思います。

東京証券取引所

気を付けるべき事項

各取引時間帯において気を付けるべき事項には、以下のものが挙げられます。

  • 経済指標の前にはポジションを持たない。
  • 持ち越しには十分注意する。
  • 自分の得意な時間帯以外は極力避ける。

経済指標の前にはポジションを持たない

経済指標発表時は値動きが乱高下するリスクがあります。また、経済指標の直前にスプレッドを大幅に開く業者もあり、市場参加者にとってメリットがありません。

あらかじめ予想した値動きに沿ってポジションを持ちたい心をじっとこらえて、ノーポジになるのが賢明です。

一度逆方向に振ってから本来予想していた動きをすることもあれば、そもそも予想自体が外れることもあるからです。

持ち越しには十分注意する

持ち越し(取引が出来ない状態)が発生するタイミングは、月曜日~金曜日の早朝6:00頃(国内業者のメンテナンス時間)と、為替市場が休場となる土日です。

  • 国内業者のメンテナンス時間。 (早朝6:00頃)
  • 休場となる土日。

メンテガラ

昔、日本の国内業者がメンテナンスで取引不能になる時間帯を狙って、ニューヨーク勢による大規模な仕掛けが行われたことがあります。

確か早朝のメンテナンス時間直前、ドル円相場が80円の大台で揉んでいる状態から、日本の国内業者がメンテナンスになった途端に起こった事件です。この時、ドル円相場は78円台まで急激な円高を記録しました。この事件は後にメンテガラとも呼ばれるようになりました。(俗称)

実は私もこの事件にリアルタイムに遭遇しており、大損失を被ったことがあります。(※まだまだ経験が足らず、ぬるい取引をしていた頃の話です)

そういった経験を実際に身に染みて体験しているからこそ、持ち越しには十分注意を払っています。

土日のポジション持ち越し

また、完全に休場となる土日のポジション持ち越しには重々気を付けてください。稀に、週明けに4円くらい窓が開くこともあります。(400pips)

400pipsの窓

週末のポジション持ち越しにはこういった危険性があるため、自信があってどうしても取引したい場合にはポジションを軽くしておくなどの配慮が絶対に必要です。

自分の得意な時間帯以外は極力避ける

私は欧州時間(16:00~24:00)だけを狙って、市場参加することを徹底しています。

理由は欧州時間は新しいトレンドが発生しやすく、私にとって得意な時間帯だからです。無理に不得意な土俵で勝負する必然性もありません。

  • 自分の不得意な時間帯は、資産や勝ち分を減らすマイナス要因。

と考えた方が良いかもしれません。

得意な時間帯にするためにあえて練習するのであれば、ポジションを普段の1/5~1/10に減らすなどして、調整するのが良いです。

3つの大きな時間帯
いまここ
それ以外の時間帯と、気を付けるべき事項
管理人
  • FX歴11年 (2008年~)
  • デイ・スキャル (原則持ち越しなし)
  • 月利3% (破産確率を考慮)
  • 長く勝ち続けること。
  • 無理せず淡々と利確。
  • 欲が出たときこそ危ない。
  • 元手あっての世界。
> プロフィール
FXの初心者講座
FX口座開設に迷ったらココがおすすめ。
FX会社比較
  • FX会社をスプレッドで比較
  • FX会社をワップポイントで比較
  • FX会社を通貨ペア数で比較
  • FX会社を口座開設キャッシュバック金額で比較