FX歴9年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

くりっく365のスワップポイント表 (参考)

ちなみに取引所FX(くりっく365)を取り扱っているFX会社であれば、どの会社でもスワップポイント額は一律(同じ)です。(取引所FXが決めたスワップポイント額に従います)
キャプ画像
目次
  • スワップポイントで優遇されている取引所FX(くりっく365)
  • くりっく365のスワップポイント表
  • 店頭FX取引と取引所FX(くりっく365)のどちらも取引ができるFX会社

スワップポイントで優遇されている取引所FX(くりっく365)

FX会社には大きく分けて店頭FX取引と取引所FX(くりっく365)の2つがあります。

店頭FX取引
短期トレード向き。1回の取引コストが安いため、1日に何度も取引を行うデイトレードやスキャルピングトレードなどをする予定であれば店頭FX取引業者が断然有利。一般に、受け取りスワップ<支払いスワップ。
取引所FX (くりっく365)
長期トレード向き。受け取れるスワップポイント額が店頭FX取引業者よりも多いため、何年も保有して外貨預金感覚で金利差を狙うのであれば取引所FX(くりっく365)が断然有利。受け取りスワップ=支払いスワップなので公平性も高い。

一般に、スワップポイントを狙ったトレードを行う予定であれば、取引所FX(くりっく365)を取り扱っているFX会社の口座開設をした方がよいです。(※おおよそ1ヶ月以上ポジションを保有する場合)

ちなみに取引所FX(くりっく365)を取り扱っているFX会社であれば、どの会社でもスワップポイント額は一律(同じ)です。(取引所FXが決めたスワップポイント額に従います)

くりっく365のスワップポイント表

取引所FX(くりっく365)のスワップポイント表になります。

豪円
(買)
豪円
(売)
キウイ円
(買)
キウイ円
(売)
南ア円
(買)
南ア円
(売)
リラ円
(買)
リラ円
(売)
くりっく365 42 -42 44 -44 17 -17 96 -96

※豪ドルに関しては、より受け取りスワップ額の大きいくりっく365ラージ銘柄(AUL/JPY)の値を参照しています。
※ラージ銘柄とは、最低取引単位を10万通貨に引き上げる代わりに、スプレッド、スワップ額が優遇される銘柄のことです。
※ラージ銘柄には、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪円、ユーロドルの5銘柄があります。
(2017/11/01更新)

取引所FX(くりっく365)では、「買いスワップ = 売りスワップ」という特徴があります。一般に店頭FXでは「買いスワップ < 売りスワップ」であるため売り方に不利に働きますが、取引所FX(くりっく365)では売り方も買い方もより公正な取引ができます。

※買いスワップ = 買いポジションを取った時に付与されるスワップポイント額
※売りスワップ = 売りポジションを取った時に付与されるスワップポイント額
※金利差が逆転していない場合です

店頭FX取引と取引所FX(くりっく365)のどちらも取引ができるFX会社

クリック証券

GMOクリック証券では、FX口座の開設時に店頭FX取引と取引所FX(くりっく365)のどちらも取引ができるようになるため口座開設の手間が掛かりません。GMOクリック証券はスプレッド幅が業界トップクラスに狭いという強みがあります。FX取引のほか、外為オプション、証券口座、CFD口座などの総合口座も開設ができるため、非常に幅広い市場取引ができます。

FX会社のサービス比較
→
くりっく365のスワップポイント表 (参考)