FX歴9年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

投資の種類

私の知っている投資の種類について、簡単に紹介していきたいと思います。
キャプ画像
目次
  • 投資の種類
  • 始めやすさ
  • 投資は危ないのか?

投資の種類

私の知っている投資の種類について、簡単に紹介していきたいと思います。

銀行預金も一応、元本保証ありの投資としてカウントしています。銀行は私たちから集めた預金を使って、国債購入や融資(金貸し)などを行って資産運用しています。その運用利益の微々たるものが、私たちに毎年「金利」という形で還元されています。

元本保証あり
  • 銀行預金
低リスク
  • 債券投資
  • 投資信託
中リスク~
  • 外貨預金
  • 株式投資
  • FX(外国為替証拠金取引)
  • CFD(差金決済取引)
  • 現物投資
  • 不動産投資
  • ベンチャーキャピタル

時間があれば、これらの投資に関して詳しく紹介していきたいと思います。
(※今後作成予定)

始めやすさ

投資の種類の中でも、始めやすさ、難易度の高低があるかと思います。個人的に始めやすいと思う投資をピックアップします。

  • 株式投資
  • FX(外国為替)

ありふれた回答ですが、結局これに尽きます。これら以外の投資については情報も少なく、難易度もはるかに高いと思います。

投資

投資信託

投資信託は第三者(運用ファンド)に丸投げして資産運用してもらうという点から、透明性に欠けます。元本保証はないため、委託者に損失が出る可能性もありますが、運用ファンド側は信託手数料を確実に受け取ることができるので運用ファンド側からすれば手堅い商売といえます。まぁ、中には優良な投資信託も存在するとは思います。

CFD(差金決済取引)

CFD(差金決済取引)は株式市場や原油・金などの商品市場でレバレッジを掛けて取引できる証拠金取引です。FXも証拠金取引なので、CFDの中に含まれますが、日本では両者を分けて考えるのが一般的です。投資商品の多さが魅力ですが、分別管理が義務化されておらず、法整備があまり進んでいない印象です。

※分別管理・・・顧客から預かった資金を別管理とし、万が一証券会社が倒産しても預けた顧客資金は保護されるという仕組み。

ちなみにFXは、法整備によって分別管理が義務化されています。

不動産投資

司法書士に依頼して、不動産登記(権利の移転)などをしなければならず、気軽には始められない印象です。

また、「将来ここに大道路が建設される予定」といった公共投資に関する情報などの、有力な情報網もなく、素人には不利な印象を受けます。

REIT(リート)と呼ばれる不動産投資信託もありますが、投資信託なので自分で不動産投資をしている感覚はあまりないと思います。

ベンチャーキャピタル

ベンチャー企業の将来性を買って、積極投資すること。

やはり「有力な情報網」ありきの世界で、敷居は高いと思います。アメリカの株式投資で長者番付にも名を連ねるウォーレン・バフェットは、ベンチャーキャピタルで財を成した人物です。「企業に投資する」という点でやりがいや社会貢献的側面がありますが、中々難しいと思います。

全く投資経験のない人は、やはり株式投資やFX(外国為替)から始めてみるのが良いと思います。

投資は危ないのか?

よく、「株で○○○万円失った」、「FXで○○○万円失った」という話を聞きますが、経験者である私の感想を言うと、無知で無謀な運転をしているから当然、という感想です。

要は焦り過ぎ、経験不足ということです。

  • はじめから大金で運用するな
  • 経験を5年以上積め

早々に結果を求めようとすると絶対に失敗します。運良く初心者が儲かったからといって、それはビギナーズラックに過ぎません。

経験が全ての世界です。

投資について
→
投資の種類