FX歴9年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

資産運用と投資の違い

資産運用は自分の資産を増やすこと、投資は相手先の信用を買って資金援助すること、といった所でしょうか。どちらも「自分の資産を増やすこと」がゴールのひとつでもあるので、似た部分もありますね。
キャプ画像
目次
  • 資産運用と投資
  • 投機やギャンブルとは別物

資産運用と投資

そういえば資産運用と投資の違いって何だろう?と自分でもちょっと疑問に思いました。

資産運用は英語では(asset management)のように表記し、投資は(investment)のように表記します。英語でも分類がされています。

資産運用

資産運用と投資の違い

資産運用と投資の違いには、以下のものがあります。

資産運用
  • 貯蓄や預金などの資産を、株式相場や債券市場、為替市場といった投資先で運用して利益を上げる。
  • あくまで自分自身の資産を増やすことを主目的とするため、社会貢献性は低い。
  • 大きな資産を安全に運用する。ローリスク、ローリターンで中長期的に資産を増やしていく。
投資
  • 投資は、投資先となる企業や商品に対して資金援助を行うこと。企業の信用を買い、将来性を見込んで「投資」する。新興国市場への資金援助なども投資に当たる。
  • 社会に投資する側面があるため、一定の社会貢献性が存在する。
  • 中長期的な投資から短期的な投資まで様々。投資先の信用が低下すれば、一気に投資資金が引いて暴落することも。

資産運用は自分の資産を増やすこと、投資は相手先の信用を買って資金援助すること、といった所でしょうか。どちらも「自分の資産を増やすこと」がゴールのひとつでもあるので、似た部分もありますね。

FXは資産運用?

「FXは投機(ギャンブル)であって資産運用ではない」と言っている人も居るようですが、私自身はFXも立派な資産運用に含まれると思います。

FX(外国為替証拠金取引)は、レバレッジを利用することで元手の何倍もの取引を実現させる証拠金取引です。例えば、レバレッジを10倍に設定した場合、元手が10万円しかなくても100万円に相当する取引が可能になります。

少ない元手で大きく儲けられるチャンスがある反面、レバレッジを高く設定した場合、損失リスクも高まります。

レバレッジは国内業者では25倍まで掛けることができますが、1倍以下にすることもできます。要は、レバレッジは口座資産に対するポジションサイズによって勝手に決まるものなので、100万円の元手で100万円分の運用をすればレバレッジが1倍ということになります。1000万円の元手で100万円分の運用をすればレバレッジは0.1倍になります。

FXが投機(ギャンブル)的な側面を持っているのは、このレバレッジを高く設定できる点にあります。レバレッジを1倍以下に抑えれば、損失リスクを考慮した立派な資産運用に値します。またFXの場合、外貨投資よりも取引手数料が格段に安いため、比較的安全に外貨運用をしたい場合にはFXを利用した方が良いのです。

投機やギャンブルとは別物

これも似たような言葉ですが、「資産運用や投資」と「投機やギャンブル」は別物であると思います。

「投機」はレバレッジを上げて破産リスクを高めて、大金を儲ける場合などに用いる言葉です。自分の口座資金を全て投げ打って一攫千金を狙う、まさに「ギャンブル」と呼べるものですね。

いいから全財産を使って売り叩け! 売り叩け!(投機家)

こんな声が聞こえてきそうです(笑)。

「投機」や「ギャンブル」は破産確率を考慮に入れていない場合が多く、それを続ければ中長期的には損失に耐え切れずに口座が破産してしまいます。

資産運用や投資は、ある程度の資金力がある人間によって運用されますが、投機家やギャンブラーには潤沢な資金がありません。そのため、リスクを冒して利益を狙いに行かなければならいという心情があるのも理解できます。

資産の無い人間にとっては、どこかで身を削らなければいつまでも資産家の領域に到達することが困難なのです。

投資について
→
資産運用と投資の違い
FXの初心者講座
管理人
  • FX歴9年 (2008年~)
  • デイ・スキャル (原則持ち越しなし)
  • 月利3% (破産確率を考慮)

長く勝ち続けること。
無理せず淡々と利確。
欲が出たときこそ危ない。
元手あっての世界。

プロフィール
FX会社比較
  • FX会社をスプレッドで比較
  • FX会社をワップポイントで比較
  • FX会社を通貨ペア数で比較
  • FX会社を口座開設キャッシュバック金額で比較