FX歴9年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

プロスペクト理論について

人間は本能的に、「博打を打ってでも損をゼロにしたい」と願う。
キャプ画像
目次
  • プロスペクト理論とは
  • 人間は、リスクに関して目をつむりたくなる
  • 本能に逆らうことの難しさ

プロスペクト理論とは

お金を巡る選択において、人間が本能的に取りやすい行動についての統計や研究成果。行動心理学上、人間は本能的に「ある行動パターン」を取りやすいということ。

2択

以下の2択においては、どちらを選ぶか。

代表的なテストA (リターンに関する選択)

  • 必ず手に入る100万円
  • 50%の確率で200万円が手に入るが、50%の確率でお金が手に入らない

このテストにおいては、「必ず手に入る100万円」を選択する人が多い。

代表的なテストB (リスクに関する選択)

  • 必ず借金をする100万円
  • 50%の確率で200万円を借金してしまうが、50%の確率で借金がチャラになる

このテストにおいては、「50%の確率で借金がチャラになる」を選択する人が多い。

これは、人間は潜在的に利少損大の行動を取りやすいことを示しています。投資や相場の世界では、損少利大になるような行動を取ることが望ましいとされるので、明らかな弊害といえます。

人間は、リスクに関して目をつむりたくなる

上記の代表的なテストにおいて、2択における期待値は同じです。

  • 利益を望める展開においては、目の前にある確実な100万円を手にしたい (利少)
  • 損失を被る展開においては、博打を打ってでも損をゼロにしたい (損大)

投資行動をする上で、特に危険なのは、「博打を打ってでも損をゼロにしたい」、という心理状態です。

この本能的な心理が、「どうしても損切りできない」、「損失を薄めるためのナンピン」という愚策を誘います。

軽い気持ちで取ったポジションが、いつの間にか傷口を広げ、損切りできないためにナンピンを繰り返し、最悪の場合、一発退場させられる危険性もあります。

初心者が相場で退場するパターンの代表例です。

本能に逆らうことの難しさ

「本能」とは、腹が減れば食事を摂る、眠くなれば眠る、といった基本行動のことです。「本能に逆らう」とは、腹が減っているのに断食をする、眠いのに眠らない、という行動を取ることを指します。

本能

プロスペクト理論の研究から、人間は本能的に「損失リスクを回避したい」という回避行動を取るよう、脳に刷り込まれていることが統計的に実証されています。

これを少しずつ矯正していかなければ、投資・相場の世界では生き残れません。

「投資・相場の世界では、負けている人間のほうが多い」、といわれる原因の1つに、このプロスペクト理論が関係しています。

プロスペクト理論は矯正できる

プロスペクト理論が人間の本能に基づいてるために、投資を始める人の多くがぶつかる壁です。プロスペクト理論は実践経験を積むことで矯正できます。

「危険」と直感するような相場展開においては、すばやく損切りボタンを押す。

これを心掛けて取引の実践経験を積むだけでも、大分考え方が変ってきます。

損切り貧乏」になってしまうのは、自分の腕が未熟なだけです。「損切り貧乏」が嫌だから、「損切りしないスタイル」を取っていては、いつか相場に殺されます。

そこを越えなければ、勝ちへの道は開けません。

行動心理
→
プロスペクト理論について
FXの初心者講座
投資行動と心理学 (その他記事)
管理人
  • FX歴9年 (2008年~)
  • デイ・スキャル (原則持ち越しなし)
  • 月利3% (破産確率を考慮)

長く勝ち続けること。
無理せず淡々と利確。
欲が出たときこそ危ない。
元手あっての世界。

プロフィール
FX会社比較
  • FX会社をスプレッドで比較
  • FX会社をワップポイントで比較
  • FX会社を通貨ペア数で比較
  • FX会社を口座開設キャッシュバック金額で比較