FX歴9年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

FX取引における「押し目買い」と「戻り売り」

押し目から高値更新を果たしているところがポイントで、高値更新を果たせない押し目は押し目ではありません。
キャプ画像
目次
  • 押し目とは
  • 押し目買いと戻り売り
  • トレードで結果を出すためのポイント

押し目とは

押し目とは、読んで字のごとくトレンド相場において大きく値を押し戻すポイントをいいます。

押し目

上図では、上昇トレンドにおける押し目の位置を記しています(2ヶ所)。

押し目を転換点として、直近の下落を大きく押し戻して高値更新を果たし、上昇トレンドが継続しているのが分かるかと思います。押し目から高値更新を果たしているところがポイントで、高値更新を果たせない押し目は押し目ではありません。上昇相場における押し目とは、上昇トレンドのチャネル下限にあるもうこれ以上落ちない価格帯ということになります。

高猫 安猫

押し目買いと戻り売り

FXや株の話をしていると、「押し目買い」や「戻り売り」という言葉を耳にすると思います。押し目買いとは、先述のような上昇トレンドにおける押し目において買いポジションを持つことをいいます。一方、下落トレンドにおいては押し目という言葉は用いず、戻りを売り叩く売りポジションを持つことを戻り売りと呼んでいます。

押し目買い

押し目買い

上昇トレンドにおける押し目で買いポジションを持つ。上昇トレンドにおける押し目は、もうこれ以上落ちないであろうと想定される価格帯になります。利益確定は高値更新のタイミングで行うのが理想的です。トレーリングストップ(損切り位置の移動)を行い、そのまま保有し続けるという手もあります。押し目買いは、上昇トレンドがまだ続くという前提がなければ成立しません。

  • 上昇トレンドの押し目(下限)でエントリー
  • チャネルの高値更新で利益確定

戻り売り

戻り売り

下落トレンドにおける戻り位置で売りポジションを持つ。俗に「押し目売り」とは呼ばないので、「押し目売り」と言ったら笑われるかもしれません。戻り売りの場合も同様に、安値更新で一旦利益確定してしまっても良いです。

  • 下落トレンドの上限でエントリー
  • チャネルの安値更新で利益確定

トレードで結果を出すためのポイント

押し目買いと戻り売りで結果を出すためのポイントを簡単に紹介します。おそらくこれを徹底しなければ長期的な視点では結果が付いてこないと思います。

  • チャネルの高値更新(安値更新)で利益確定をすること。押し目買い(戻り売り)のつもりでエントリーした以上、その予想を信じて最低でも高値更新(安値更新)までは利益を引っ張るように心掛ける。要は想定している最低限の値幅は取り切るように意識する。これが出来ないと、どこかでその帳尻合わせを喰らうので長期的な結果が付いてこないと思います。相場のゼロサムから抜け出せません。
  • チャネルが崩れたら(思惑が外れたら)損切りする。
  • 最低でも4時間足くらいの時間軸で長期トレンドを見る。

今後もトレンドが継続するという前提が必要なため、押し目買いも戻り売りも口で言うほど簡単ではありません。短い足では頻繁にトレンド転換が起こるため、最低でも4時間足くらいの時間軸で見た長期トレンドに沿った方がよいです。

売買テクニック
→
FX取引における「押し目買い」と「戻り売り」
FXの初心者講座
FXの初心者講座 (その他記事)
はじめに
通貨ペアについて
為替チャート
注文方法の種類
その他知識
管理人
  • FX歴9年 (2008年~)
  • デイ・スキャル (原則持ち越しなし)
  • 月利3% (破産確率を考慮)

長く勝ち続けること。
無理せず淡々と利確。
欲が出たときこそ危ない。
元手あっての世界。

プロフィール
FX会社比較
  • FX会社をスプレッドで比較
  • FX会社をワップポイントで比較
  • FX会社を通貨ペア数で比較
  • FX会社を口座開設キャッシュバック金額で比較