FX歴9年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

DMM.com証券 (取り扱える通貨ペア)

マイナー通貨には一切目もくれない徹底した主要通貨周り固めですね。運営側の合理性重視の通貨ペア選択方針が見えてきて面白いです。
キャプ画像
目次
  • 国内業者としては平均的な20通貨ペア
  • レート表示のカスタマイズ
DMM.com証券

国内業者としては平均的な20通貨ペア

DMM.com証券では、国内業者としては平均的な20通貨ペアの取引が可能です。

DMM.com証券 通貨ペアのレート表示

通貨ペア一覧

DMM.com証券で取り扱っている通貨ペア一覧です。少し見づらいですがご了承ください。

通貨ペア一覧
ストレート
USD/JPY、EUR/USD、GBP/USD、
AUD/USD、NZD/USD、USD/CAD
USD/CHF
クロス円
EUR/JPY、GBP/JPY、CAD/JPY、
AUD/JPY、NZD/JPY、CHF/JPY、
ZAR/JPY
ほか
EUR/GBP、EUR/AUD、EUR/CHF、
EUR/NZD、GBP/AUD、GBP/CHF

印象としては、主要通貨ペアを中心に大事な通貨ペアはガッチリ固めている点、玄人が好みそうなドルスイス(USD/CHF)、ユロオジ(EUR/AUD)、ポンオジ(GBP/AUD)辺りもしっかりケアしている点が印象に残りました。FX初心者も経験者にも配慮された通貨ペアといった感じですかね。

マイナー通貨には一切目もくれない徹底した主要通貨周り固めですね。運営側の合理性重視の通貨ペア選択方針が見えてきて面白いです。スワップポイントの観点から南アフリカランド円(ZAR/JPY)が取引可能ですが、それ以外のマイナー通貨は一切取り扱っていません。間口を広げてマイナー通貨ペアのカバーをするくらいなら、主要通貨ペアのスプレッやレート配信を安定させようという感じでしょうか。

レート表示のカスタマイズ

レート表示に関しては、見ても仕方ない通貨ペアは非表示にしましょう。チカチカして気が散るだけです。

DMM.com証券 レート表示のカスタマイズ

私の場合、基本的にドル円とユーロドルしか触らないのでプライスパネルはこんなにスッキリ。(笑)

ユーロ円や豪円、ポンドドルなども表示してもいいんですが、表示していると遊びやお試しでポジションを取りたくなってしまう衝動に駆られるので見ないようにしています。慣れてない通貨ペアを触ると大抵損するので、損する行動はしないように徹底しています。

DMM.com証券 取引画面

さらに言うと、私の場合プライスパネル自体を表示していません。普段の取引ではマウスクリックによるストリーミング注文(成行注文)を行っているため、注文レートパネルが表示されていれば事足ります。

  • 取引する通貨ペアしか表示しない
  • デイトレードなのでさっと注文してさっと手仕舞いできるような配置にカスタマイズする

この辺を気に掛けながら設定しています。

DMM.com証券
基本情報
→
DMM.com証券 (取り扱える通貨ペア)