専業トレーダーと学ぶ、FXの基礎・応用
FX歴12年 専業トレーダーと学ぶ、FXの基礎・応用
 更新日2020/05/09

私の使っているFX会社 (総合力を比較)

私が普段使っているFX会社について、総合力を比較しました。各項目ごとに5点満点で評価しています。
  • 普段使っている4社で比較
  • 4社のスプレッド比較
  • 4社のスワップ比較
  • 私の使っているFX会社 (総合力を比較)
  • 比較チャート

普段使っている4社で比較

私は普段から複数のFX会社に資金分散して取引を行っており、GMOクリック証券、DMM.com証券、マネーパートナーズ、ヒロセ通商の4社については詳しく知っています。他のFX会社も複数知っていますが、現状この4社のローテーションで間に合っています。

4社のスプレッド比較

ドル円 ユロドル ポンドル オジドル ユロ円 ポン円 豪円 ユロポン
GMOクリック証券 0.2 0.4 1.0 0.9 0.5 1.0 0.7 1.0
DMM 0.2 0.4 1.0 0.9 0.5 1.0 0.7 1.0
ヒロセ通商 0.2 0.4 0.8 0.8 0.5 1.0 0.7 1.0
マネパ 0.3 0.3 0.8 0.9 0.4 0.9 0.6 2.0
※ドル円・ユロ円・ポン円・豪円のスプレッド単位は「銭」、ユロドル・ポンドル・オジドル・ユロポンのスプレッド単位は「pips」になります。
※スプレッド幅は原則固定ですが、相場乱高下時などスプレッドが拡大する場合があります。
※GMOクリック証券は、FXネオ(店頭FX)におけるスプレッド値になります。
※マネーパートナーズは、パートナーズFXにおけるスプレッド値になります。
※OANDAはベージックコースのスプレッド値になります。
※FX会社や通貨ペア名については、表スペースの都合上、一部略称を使わせて頂いております。
※記載に誤りがある場合もあるので、詳細は各FX会社で確認するようにしてください。
(2020/05/01更新)

ほとんど差はない。

4社のスワップ比較

ドル円
(買)
ドル円
(売)
豪円
(買)
豪円
(売)
キウイ円
(買)
キウイ円
(売)
南ア円
(買)
南ア円
(売)
リラ円
(買)
リラ円
(売)
GMOクリック証券 8 -11 3 -6 1 -4 4 -7 1 -4
DMM 6 -24 6 -24 6 -24 0 0
ヒロセ通商 2 -83 2 -57 6 -61 3 -13 4 -34
マネパ 1 -51 0 -30 1 -31 1 -21 0 -50
くりっく365 16 -16 -60 60 2 -2 5 -5 9 -9
※1万通貨単位当たりのスワッポイント額になります。
※GMOクリック証券は、FXネオ(店頭FX)におけるスワッポイント額になります。
※マネーパートナーズは、パートナーズFXにおけるスワップポイント額になります。
※比較として、スワップ最高水準の取引所FX(くりっく365)の値も掲載しています。
※FX会社や通貨ペア名については、表スペースの都合上、一部略称を使わせて頂いております。
※記載に誤りがある場合もあるので、詳細は各FX会社で確認するようにしてください。
(2020/05/01更新)

くりっく365口座(GMOクリック証券)に勝つことは難しい。GMOクリック証券で口座開設を行うと、店頭FX(FXネオ)とクリック365口座の2つが同時開設されます。

私の使っているFX会社 (総合力を比較)

私の使っているFX会社のメリット・デメリットなどを数値化してみました。(5点満点)

GMOクリック証券

スプレッド ★★★★★
スプ安定度 ★★★★
指標時スプ ★★★★★
約定速度 ★★★★★
サーバ安定度 ★★★★
取引ツール ★★★★
スワップ ★★★★★
総合評価 32点
※個人的評価

スプレッドは業界トップクラスの狭さ。大きな特徴としてくりっく365口座も同時開設できる。平時の狭いスプレッドに加え、スワップポイント狙いの長期投資にも向いている。基本的に穴がない

DMM.com証券

スプレッド ★★★★★
スプ安定度 ★★★★★
指標時スプ ★★★★
約定速度 ★★★
サーバ安定度 ★★★★
取引ツール ★★★
スワップ ★★★★
総合評価 28点
※個人的評価

スプレッドは業界トップクラスの狭さ。また経済指標時のスプレッドも拡大しにくいため、平時のスプレッド安定感には定評がある。約定速度は普通だが、気にならないレベル。

ヒロセ通商

スプレッド ★★★★★
スプ安定度 ★★★★
指標時スプ ★★
約定速度 ★★★★
サーバ安定度 ★★★★
取引ツール ★★★★★
スワップ ★★★★
総合評価 28点
※個人的評価

スプレッドは業界トップクラスの狭さ。経済指標時のスプレッド拡大幅を除けばかなりの強豪。毎月の食品配送や、取引高キャッシュバックなど、各種キャンペーンが充実

マネーパートナーズ

マネーパートナーズ
スプレッド ★★★★★
スプ安定度 ★★★
指標時スプ ★★★★★
約定速度 ★★★★
サーバ安定度 ★★★★
取引ツール ★★★★
スワップ ★★★
総合評価 28点
※個人的評価

スプレッドは業界トップクラスの狭さだが、他の3社に比べてややスプレッド安定度が低いように思う。経済指標時のスプレッド拡大幅は狭いので、指標スキャルをするのには向いている。

細かい点については、それぞれのFX会社について書かれた記事を参照してみてください。

私のトレードスタイルはデイトレード・スキャルピングトレードが中心なので、基本的にスプレッド幅が狭いFX会社を好んで使っています。私が現在使っている4社は、国内FX会社の中でもトップクラスに狭いスプレッド配信を行っています。

サーバ安定度については一律4点を付けていますが、これはサーバ落ち自体が昨今のFX会社では起こりにくい点と、そこまでFX会社間で大きな差を感じないために、一律4点に評価しています。

その他の項目については、各FX会社の強みや弱みが見えてくると思います。

比較チャート

FX会社比較

各社提供の数値を参照。スプレッドに関してはどのFX会社もそこまで差がない。スワップポイントに関しては、店頭FX業者がくりっく365口座を開設できるGMOクリック証券を超えることは難しい。