FX歴10年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

DMM.com証券の取引サーバは非常に安定している

総合的に見てDMM.con証券の取引サーバは強いという印象です。取引サーバ環境にもきちんとした設備投資をしているんだと思います。
サムネ画像
目次
  • FX会社と取引サーバ
  • DMM.com証券の取引サーバが強いと思った理由
DMM.com証券

FX会社と取引サーバ

FX会社を選ぶ条件のひとつに取引サーバの強さがあります。為替相場のようなリアルタイム取引を行う場合、FX会社が導入している取引サーバの強さが重要になってきます。

取引サーバが弱いとどうなるのか
  • 約定力(約定速度)が落ちる。
  • スプレッド幅が不安定になる。
  • サーバ落ちが発生して、ストップロス(損切り)注文が通らなくなる恐れがある。

1. 約定力(約定速度)が落ちる

約定力(約定速度)が落ちると、自分が想定していた価格で注文が約定しなかったり、価格が滑って不利約定したり、約定するまでに時間が掛かったりするようになります。特にスキャルピングトレーダーの場合、「この瞬間での価格で約定すること」を望んでいるため、秒単位の時間ロスが発生することを嫌います。

2. スプレッド幅が不安定になる

スプレッド幅が不安定になると、FX会社が掲げている原則固定のスプレッド幅が配信できなくなったり、相場の急変動でスプレッド幅が急に拡大したり、経済指標発表後もなかなかスプレッド幅が元に戻りにくくなります。

3. サーバ落ちが発生する

サーバ落ちは、大相場やパニック相場などで取引が集中して、取引サーバに大きな負荷が掛かることで発生します。FX会社によっては、サーバ落ち発生中の取引注文を一切受け付けなくなるので、最悪の場合、ストップロス(損切り)注文が通らなくなる恐れがあります。

DMM.com証券の取引サーバが強いと思った理由

私はDMM.com証券を2014年くらいから使い続けていますが、今のところリアルタイムでサーバ落ちに遭遇したことがありません

DMM.com証券 取引画面

また、スプレッド配信能力が高く、原則固定を厳守する点においては恐らく国内最強を誇るのではないでしょうか。昔はマネーパートナーズのnanoが強かったですが、ルール改変によって原則固定の強みは小さくなりました。

約定力も比較的高いので、総合的に見てDMM.com証券の取引サーバは強いという印象です。

しっかりやるべきポイントはちゃんと把握していますね。DMM.com証券は結構投資を惜しまない印象があるので、取引サーバ環境にもきちんとした設備投資をしているんだと思います。

DMM.com証券
DMM.com証券が特に優れている点
いまここ
DMM.com証券の取引サーバは非常に安定している
管理人
  • FX歴10年 (2008年~)
  • デイ・スキャル (原則持ち越しなし)
  • 月利3% (破産確率を考慮)
  • 長く勝ち続けること。
  • 無理せず淡々と利確。
  • 欲が出たときこそ危ない。
  • 元手あっての世界。
> プロフィール
FXの初心者講座
FX口座開設に迷ったらココがおすすめ。
FX会社比較
  • FX会社をスプレッドで比較
  • FX会社をワップポイントで比較
  • FX会社を通貨ペア数で比較
  • FX会社を口座開設キャッシュバック金額で比較