FX歴10年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

FX会社基本情報 (メインスプや最低取引単位など)

アドバイスとしては3ヶ所ほどのFX会社で口座開設をして比較してみると、各FX会社の強みやチャートツールの特徴などの違いが体感できるかと思います。
サムネ画像
目次
  • FX会社一覧

FX会社一覧

どのFX会社が使いやすいのか、自分に合っているのかについては、実際にFX会社の口座を開設して自分で比較検証してみるのが一番良いです。FX初心者の方で「どこのFX会社を選んだら良いのか分からない」という方は、FX口座の開設に迷ったら、ここのFX会社にしておけば間違いないで初心者におすすめのFX会社を紹介しているのでこちらを参照してください。

私が複数のFX会社を使っている理由については、口座資金を分けてリスク分散を行っている点や、各FX会社のサービスの変化に応じて使用するFX会社を選びたいと思っているからです。配信スプレッドやサービスの変化によっては、今後メインに使用するFX会社を変えていく可能性も全然あります。大まかな基準としてドル円のスプレッドが1.0銭よりも大きいFX会社は除外させて頂いています。

比較検証しているFX会社一覧

ドル円 ユロドル 通貨ペア 最低単位 口座開設URL
GMOクリック証券 0.3 0.4 19 10,000
DMM 0.3 0.4 20 10,000
ヒロセ通商 0.3 0.4 50 1,000
マネパ 0.3 0.5 20 100
外為ジャパン 0.3 0.4 15 1,000
JFX 0.3 0.4 24 1,000
OANDA 0.4 0.5 71 1

※ドル円・ユロ円・ポン円・豪円のスプレッド単位は「銭」、ユロドル・ポンドル・オジドル・ユロポンのスプレッド単位は「pips」になります。
※スプレッド幅は原則固定ですが、相場乱高下時などスプレッドが拡大する場合があります。
※GMOクリック証券は、FXネオ(店頭FX)におけるスプレッド値になります。
※マネーパートナーズは、パートナーズFXにおけるスプレッド値になります。
※OANDAはベージックコースのスプレッド値になります。
※FX会社や通貨ペア名については、表スペースの都合上、一部略称を使わせて頂いております。
※記載に誤りがある場合もあるので、詳細は各FX会社で確認するようにしてください。
(2018/02/01更新)

アドバイスとしては3ヶ所ほどのFX会社で口座開設をして比較してみると、各FX会社の強みやチャートツールの特徴などの違いが体感できるかと思います。

FX会社のサービス比較
いまここ
FX会社基本情報 (メインスプや最低取引単位など)