FX歴11年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

時間帯ごとの値動きの特性を理解する

FXには大きく3つの時間帯がありますが、それぞれに異なった値動きの特徴を持っているので、自分のトレードスタイル・ライフサイクルに適した時間帯を選んで取引スキルを磨いていってください。
サムネ画像
目次
  • 為替相場における3つの大きな時間帯
  • 東京時間は時間の無駄に終わることも多い
  • FXの経験値を高めたかったら、新しいトレンドの発生しやすい欧州時間がおすすめ
  • ロンドンフィキシング後のNY後場はレンジ相場に推移しやすいが、時に大きく動くこともある気まぐれ相場

為替相場における3つの大きな時間帯

為替相場には大きく分けて3つの時間帯があります。

FXの時間帯
東京時間
9:00~16:00
東京株式市場や上海株式市場が開く時間帯。大きな値動きは少なく、レンジ相場で推移しやすい。
欧州時間
16:00~24:00
ロンドン株式市場やドイツ市場が開く時間帯。大きな値動きが起こりやすく、新しいトレンドが発生しやすい。
NY時間
21:00~翌6:00
ニューヨーク株式市場が開く時間帯。欧州時間と重なる時間帯(黄金の時間帯)は大きな値動きが起こりやすく、新しいトレンドが発生しやすい。24:00のロンドンフィキシングを境に、レンジ相場に移行しやすい。

他にもオセアニア市場(早朝6:00~)がありますが、ほとんど値動きがないので気にしなくても大丈夫です。ちなみに上記時間は夏時間によるものなので、冬時間に移行する11月~3月は時間を1時間遅らせて考えてください。

為替相場は株式市場の値動きに連動して動くので、世界各国の株式市場が開く時間帯に合わせるかのように値動きが発生します。特に、欧州株式市場とニューヨーク株式市場の重なる21:00~24:00の時間帯は、FXにおける黄金の時間帯などとも呼ばれ非常にボラティリティ(値動き)が発生しやすい時間帯となっています。

奇しくもこの時間帯は、日本のサラリーマンが帰宅してFXトレードに参加できる時間帯ですよね。何かの罠でしょうか(笑)。

東京時間は時間の無駄に終わることも多い

東京時間(9:00~16:00)は日本の株式市場が取引される時間帯です。日本円や人民元を中心とした取引が活発化する時間帯ですが、基本的に大きな値動きは発生しずらく、前日に付けられたレンジ相場で推移することも多いのが特徴です。

稀にとんでもなく動くこともあるので、レンジ相場に推移しやすいからといって油断するのは禁物です。大きな値動きが発生するきっかけには以下があります。

  • 日銀の金融政策決定会合
  • 日銀総裁の発言(要人発言)
  • 日銀の為替介入

日銀が為替介入を行った場合、日銀から正式な発表があります。日銀の単独介入は午前中に行われることが多いです。非常に稀ですが、正式発表を伴わない覆面介入(バレないようにこっそり介入)をしていることもあります。

FXの経験値を高めたかったら、新しいトレンドの発生しやすい欧州時間がおすすめ

欧州時間(16:00~24:00)は一日の中で最も値動きの発生しやすい時間帯です。

ユーロッパ時間にトレンドが発生

レンジ相場を離れ、新しいトレンドが発生しやすい傾向にあります。ただし、全てが全てこのように推移する訳ではないので注意してください。あくまで傾向なので、欧州時間であってもレンジ相場を保ったり、全然動かない日もあります。

為替相場の値動きの醍醐味はこの時間帯にあるので、積極的に参加してFX経験値を高めてください。

ロンドンフィキシング後のNY後場はレンジ相場に推移しやすいが、時に大きく動くこともある気まぐれ相場

欧州時間が終わると、ロンドンフィキシング(24;00)という為替相場の区切りを迎えます。ロンドンフィキシング後のNY後場(翌2:00~6:00)は東京時間と同様、レンジ相場に移行しやすい傾向にあります。

こちらも稀に、とんでもない値動きが発生することもあるので注意してください。昔あったポンド円10円落ち、ドル円5円落ちなんかはニューヨーク時間に起こりました。私はその時会社員でしたが、徹夜でドル円を売りまくってた記憶があるのでよく覚えています。

為替相場は平日であれば24時間取引できますが、だからといって24時間フルにトレードしていては体が持ちません。FXには大きく3つの時間帯がありますが、それぞれに異なった値動きの特徴を持っているので、自分のトレードスタイル・ライフサイクルに適した時間帯を選んで取引スキルを磨いていってください。

ちなみに私は欧州時間(16:00~24:00)に絞った取引をしています。

取引方法やチャート分析に関して
いまここ
時間帯ごとの値動きの特性を理解する
管理人
  • FX歴11年 (2008年~)
  • デイ・スキャル (原則持ち越しなし)
  • 月利3% (破産確率を考慮)
  • 長く勝ち続けること。
  • 無理せず淡々と利確。
  • 欲が出たときこそ危ない。
  • 元手あっての世界。
> プロフィール
FXの初心者講座
FX口座開設に迷ったらココがおすすめ。