FX歴9年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

ドルストレートとは

世界中のプレイヤーの多くは、ユーロ円などという間接ペアをあまり重要視していません。それよりも、世界的取引高がNo.1であるユーロドルと、ドル円との逆相関を注視しています。
キャプ画像
目次
  • ドルストレート
  • ドルストレートが基本

ドルストレート

  • ユーロドル(EUR/USD)
  • ポンドドル(GBP/USD)
  • オジドル(AUD/USD)
  • ドル円(USD/JPY)
  • ドルスイス(USD/CHF)

これらは皆、基軸通貨である米ドル(USD)との通貨ペアであり、米ドルとの通貨ペアは全てドルストレートと呼びます。

これらは俗にストレートペアと呼ばれるもので、米ドルが基軸通貨(キーカレンシー)であるがゆえにそう呼ばれています。

米ドル

ストレートペアとクロスペア

基軸通貨ではない日本円(JPY)の場合では、ユーロ円(EUR/JPY)、ポンド円(GBP/JPY)など、日本円との通貨ペアは全てクロス円(円クロス)と呼びます。同様に、基軸通貨ではないユーロ(EUR)との通貨ペアは全てクロスユーロ(ユーロクロス)と呼びます。

基軸通貨であるかそうでないかによって、ストレートクロスかを呼び分けているのです。

ストレートとクロス

合成通貨ペア

クロスペアは基本、ドルストレート同士を合成させることで価格表示されています。

【例】 ユーロ円(EUR/JPY) = ユーロドル(EUR/USD) × ドル円(USD/JPY)

ユーロ円やポンド円は、直接取引がされていない架空の通貨ペアということになります。(間接取引)

ドルストレートが基本

例えばドル円(USD/JPY)の値動きを考える場合、合成通貨ペアのユーロ円(EUR/JPY)を考慮に入れるのではなく、同じドルストレートのユーロドル(EUR/USD)を優先して考慮に入れるべきです。世界中のプレイヤーの多くは、ユーロ円などという間接ペアをあまり重要視していません。

それよりも、世界的取引高がNo.1であるユーロドルと、ドル円との逆相関を注視しています。

ドル円とユーロドルの逆相関

ドル円が上がれば、ユーロドルは下がる。

もちろん、ユーロ円は合成通貨ペアにも関わらず、比較的チャートやテクニカルやが機能しやすいという特徴があるのは知っています。

それでも、世界的取引高がNo.1であるユーロドルほどの値動きの信頼性は有しておらず、基本はドルストレートを軸に通貨相関の全体像を組み立ててゆくべきです。

基本事項
→
ドルストレートとは
FXの初心者講座
管理人
  • FX歴9年 (2008年~)
  • デイ・スキャル (原則持ち越しなし)
  • 月利3% (破産確率を考慮)
  • 長く勝ち続けること。
  • 無理せず淡々と利確。
  • 欲が出たときこそ危ない。
  • 元手あっての世界。
> プロフィール
FX会社比較
  • FX会社をスプレッドで比較
  • FX会社をワップポイントで比較
  • FX会社を通貨ペア数で比較
  • FX会社を口座開設キャッシュバック金額で比較