FX歴9年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

証拠金維持率について

証拠金維持率が100%を下回っている状態は、いわば顧客側がFX取引を行う上で負わなければならない証拠金(保証金)が足りていない状態であり、このままではFX取引そのものが成立しなくなります。
キャプ画像
目次
  • 証拠金維持率の計算方法
  • 証拠金維持率が100%を下回るとどうなるのか?

証拠金維持率の計算方法

FX(外国為替証拠金取引)では、現在の資産に対する保有ポジション状況を把握する指標として証拠金維持率というものが設けられています。証拠金維持率という言葉を説明するよりも、計算式を先に見た方が理解しやすいかと思います。

証拠金維持率

証拠金維持率の算出

証拠金維持率 = 純資産(時価評価総額) ÷ 建玉必要証拠金 × 100

建玉必要証拠金とは、そのポジションを保有するために必要な証拠金のことです。建玉必要証拠金は、その通貨ペアをレバレッジ25倍で保有するために必要な証拠金と考えればよいです。(国内業者の場合)

ドル円を例にすると、1米ドル=100円のときに、1万通貨単位の取引をするためには100万円が必要になります。これにレバレッジ25倍を適用すると、必要になる証拠金は100万円÷25=4万円になります。現在の純資産(時価評価総額)が10万円であれば、証拠金維持率は250%ということになります。

証拠金維持率 = 10万円 ÷ 4万円 × 100 = 250%
イラスト

建玉必要証拠金

建玉必要証拠金は、通貨ペアの現行レートによって算出されるため、固定額ではなく現行レートとともに変動していきます。各FX会社によって微妙に建玉必要証拠金が異なるため、ご自身の利用しているFX会社の建玉必要証拠金を確認するのが一番早いですが、おおよそ以下のような金額ボリュームになります。

各通貨ペアの価格 建玉必要証拠金(1万通貨)
120円 48,000円
100円 40,000円
80円 32,000円

※各通貨ペアの価格とは、1通貨単位に対する円価格のことです。ドル円の場合では1米ドルの価格、ユーロ円では1ユーロの価格を指します。

証拠金維持率が100%を下回るとどうなるのか?

まず、証拠金維持率が100%とはどういう状態なのかを確認したいと思います。

ドル円を例にすると、1米ドル=100円のときに、1万通貨単位の取引をするためには100万円が必要になります。これにレバレッジ25倍を適用すると、必要になる証拠金は100万円÷25=4万円になります。現在の純資産(時価評価総額)が4万円であれば、証拠金維持率は100%ということになります。

証拠金維持率 = 4万円 ÷ 4万円 × 100 = 100%

つまり、証拠金維持率が100%の状態とは、口座にある純資産と、通貨ペア保有に必要な証拠金が等しくなっている状態をいいます。証拠金維持率が100%を下回るということは、必要証拠金が不足することを意味します。

証拠金維持率が100%を下回っている状態は、いわば顧客側がFX取引を行う上で負わなければならない証拠金(保証金)が足りていない状態であり、このままではFX取引そのものが成立しなくなります。証拠金維持率が100%を下回った時点で、そのポジションを強制決済されても全く文句は言えないということです。

証拠金維持率100%

ロスカットルール

証拠金維持率が100%を下回ることで執行さえる決済を強制ロスカットといいます。強制ロスカットがいつ行われるかについては、各FX会社のロスカットルールに基づきます。証拠金維持率が100%を下回った時点で強制ロスカットされるFX会社もあれば、FX会社によってはロスカット水準に達するまでは、100%を下回っても強制ロスカットが数時間~1日程度猶予される場合もあります。ロスカット水準は、証拠金維持率が50%であったり40%であったりFX会社によって異なります。

いずれにせよ、証拠金維持率が100%を下回っている状態は、追加証拠金が発生している状態なので、証拠金維持率を100%以上に維持するために、①FX口座への入金や②保有ポジションの一部決済が必要になってきます。

  • ①FX口座への入金
  • ②保有ポジションの一部決済 (ポジションを軽くする)
注文方法の種類
→
証拠金維持率について
FXの初心者講座
FXの初心者講座 (その他記事)
FXの基礎知識
通貨ペアについて
為替チャート
売買テクニック
その他 予備知識
管理人
  • FX歴9年 (2008年~)
  • デイ・スキャル (原則持ち越しなし)
  • 月利3% (破産確率を考慮)
  • 長く勝ち続けること。
  • 無理せず淡々と利確。
  • 欲が出たときこそ危ない。
  • 元手あっての世界。
> プロフィール
FX会社比較
  • FX会社をスプレッドで比較
  • FX会社をワップポイントで比較
  • FX会社を通貨ペア数で比較
  • FX会社を口座開設キャッシュバック金額で比較