FX歴9年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

ピラミッディング手法の特徴

個人的には、普通のスイングトレードに、デイトレード的な要素を取り入れた複合手法、という印象を受けます。
キャプ画像
目次
  • ピラミッディングとは
  • 利点 (メリット)
  • 欠点 (デメリット)
  • 個人的見解

ピラミッディングとは

ピラミッディングとは、文字通り「ピラミッド」のように、ポジションを積み増していく行為を指します。ポイントは以下のような点です。

  • 押し目のタイミングで、ポジションを追加する
  • 追加するポジションは、小さくなっていく (ピラミッド型)
  • 損切りラインは、トレーリングストップで引き上げていく
ピラミッディング トレーリングストップ

「トレーリングストップ」と書いてあるように、ポジションの平均保有時間は数日~数ヶ月単位になります。
(スイングトレードの土俵)

デイ・スキャルピングを主体としている私は、「ピラミッディング」はおろか、「トレーリングストップ」すら行う前に決済するスタイルなので、今のところ無縁の手法です。

利点 (メリット)

ピラミッディングの利点について。

利益追求型

場合によっては、スイングトレードで得た利益も更に積み増していくスタイルなので、普通にスイングトレードを行うよりも利益を上げられます。ただ、国内業者では25倍が限度なので、積み増した利益で新たに取れるポジションは大きくはありません。

海外業者の400倍ハイレバレッジ+ピラミッディング

これが見事にクリティカルヒットした場合には、爆発的な利益を上げられるポテンシャルを含んでいることは理解できます。

上昇イメージ

欠点 (デメリット)

ピラミッディングの欠点について。

総合的にチャートを読めなければならない

よくよく考えれば分かるのですが、ピラミッディングは、スタートのポジションこそスイングトレード的ではありますが、途中でポジションを追加していく局面はデイトレード的といえます。つまり、スイングトレード、デイトレード共に高いレベルで習得できていなければならないということです。長いチャート足も、短いチャート足も、完璧に読み切って初めて利益が出せるモデルです。

ピラミッディングは、総合力を問われる上級者向けの手法といえます。

個人的見解

個人的な印象としては、以下のような印象を受けます。

  • 普通のスイングトレードに、デイトレード的な要素を取り入れた複合手法

「複数の時間軸で、完璧に読み切らなければならない」という点も、ハードルが高いように思います。

取引テクニック
→
ピラミッディング手法の特徴
FXの初心者講座
管理人
  • FX歴9年 (2008年~)
  • デイ・スキャル (原則持ち越しなし)
  • 月利3% (破産確率を考慮)
  • 長く勝ち続けること。
  • 無理せず淡々と利確。
  • 欲が出たときこそ危ない。
  • 元手あっての世界。
> プロフィール
FX会社比較
  • FX会社をスプレッドで比較
  • FX会社をワップポイントで比較
  • FX会社を通貨ペア数で比較
  • FX会社を口座開設キャッシュバック金額で比較