FX歴9年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

FXで利益を上げる方法

キャピタルゲイン(売買差益)を狙うのがFXの主要素となります。それは、キャピタルゲイン(売買差益)による価格変動の方がインカムゲイン(利子収入)で得られる利益よりもずっと大きいからです。
キャプ画像
目次
  • 2種類の利益構造
  • キャピタルゲイン(売買差益)
  • インカムゲイン(利子収入)
  • キャピタルゲインを基本に考えること

2種類の利益構造

FXで利益を上げる方法には、大きく分けて2種類あります。

  • 値動きを予想して当て、その売買差益を得る
  • 金利差によるスワップポイント目的で、長期保有する

「1.」は、FX取引で利益を上げるための主要素となるものです。俗に言う「キャピタルゲイン(売買差益)」と呼ばれるものです。

「2.」は、2国間の金利差(スワップポイント)を狙って長期運用する方法です。スワップポイントの概念は、FX固有の概念でもあります。スワップポイントは、俗に言う「インカムゲイン(利子収入)」と呼ばれるものに属します。

キャピタルゲイン(売買差益)

FX取引で利益を上げるための主要素となるもの。

FXは2国間における通貨ペアの強さ・方向性を当てる金融商品(デリバティブ取引)です。株式のように「何かを買って保有する」というよりも、通貨ペアの方向性を当てると考えた方が分かりやすいと思います。

ドル円 60分足

ドル円 60分足(1時間足)

上はドル円チャートです。縦軸が価格軸、横軸が時間軸になります。チャートが上に向かうほど、ドル高円安を示します。逆に、チャートが下に向かうほどドル安円高を示します。

未来のチャートが上に向かうと予想するのであれば、ドル円買い(ロング)の注文を行います。現在価格は101.776円ですが、この価格が未来に0.001円(0.1銭)でも上がれば利益が生まれます。

逆に、未来のチャートが下に向かうと予想するのであれば、ドル円売り(ショート)の注文を行います。現在価格は101.776円ですが、この価格が未来に0.001円(0.1銭)でも下がれば利益が生まれます。

FXの魅力

このように、FXは通貨ペアが上がるか下がるかの方向性を当てる金融商品であり、また、買いの局面でも売りの局面でもどちらでも儲けられるのが魅力のひとつでもあります。

日本は輸出国であり、円安に振れるほど価格の面で有利になるため、商品が売れやすくなります(輸出競争力が高まる)。そのため、ドル円チャートが上に向かってくれるほどトヨタ自動車をはじめ国内輸出企業が喜びます。円安になればなるほど景気が良くなり、円高になればなるほど景気が悪くなるということです。本来であれば、円高は自国通貨の価値が高まるために歓迎すべきものなのですが、日本が輸出大国であるが故に円安が好まれるのです。

株式は基本的に「買い」から入るものなので、景気が悪くなる局面には向きません(空売りは例外)。それに比べFXは、景気が悪くなれば円高を見越して「ドル円売り(ショート)」を選択すればよく、逆に景気が上向けば円安を見越して「ドル円買い(ロング)」を選択することもできます。経済は不景気~好景気を循環していますが、そのどちらの局面でも利益が上げられるのです。

イラスト

インカムゲイン(利子収入)

FXは2国間の通貨を取引するため、2国間の金利差を狙った資産運用が可能となります。スワップポイントと呼ばれるもので、2国間の金利差に準じた金額を毎日受け取る(または支払う)ことができます。

よく知られている高金利通貨には、オーストラリアドル(AUD)、ニュージーランドドル(NZD)、南アフリカランド(ZAR)、トルコリラ(TRY)などがあります。

信頼性
オーストラリアドル
(AUD)
ニュージーランドドル
(NZD)
メキシコペソ
(MXN)
南アフリカランド
(ZAR)
トルコリラ
(TRY)

スワップポイントは、低金利通貨を調達資金として、高金利通貨を保有することで実現されます。

具体的には、オーストラリアドル(AUD)と日本円(JPY)の通貨ペアであるオーストラリアドル円(AUD/JPY)の買い(ロング)ポジションを持つことで、高金利通貨と低金利通貨の金利差を狙うことができます。(プラススワップ

逆に、オーストラリアドル円(AUD/JPY)の売り(ショート)ポジションを持ってしまうと、マイナススワップとなってしまいスワップポイント分の支払いが毎日発生してしまうので留意しておいてください。

日本は超低金利政策を長年に渡って行っているため、日本円を預金しているだけでは金利がほとんど付きません。スワップポイントを狙った長期運用は、毎日受け取れる不労所得として投資家に人気があります。

通貨

キャピタルゲインを基本に考えること

キャピタルゲイン(売買差益)を狙うのがFXの主要素となります。それは、キャピタルゲイン(売買差益)による価格変動の方がインカムゲイン(利子収入)で得られる利益よりもずっと大きいからです。

キャピタルゲイン

「スワップポイントの支払いが嫌だから買い(ロング)しか行わない」という考えも分かりますが、それ以上にトレンドを考慮したキャピタルゲイン重視の取引経験を磨いていくようにしましょう。

売買テクニック
→
FXで利益を上げる方法
FXの初心者講座
FXの初心者講座 (その他記事)
はじめに
通貨ペアについて
為替チャート
注文方法の種類
その他知識
管理人
  • FX歴9年 (2008年~)
  • デイ・スキャル (原則持ち越しなし)
  • 月利3% (破産確率を考慮)

長く勝ち続けること。
無理せず淡々と利確。
欲が出たときこそ危ない。
元手あっての世界。

プロフィール
FX会社比較
  • FX会社をスプレッドで比較
  • FX会社をワップポイントで比較
  • FX会社を通貨ペア数で比較
  • FX会社を口座開設キャッシュバック金額で比較