FX歴9年 専業トレーダーと学ぶ FXの基礎・応用
タイトル

デイトレード向きの通貨ペア

一番プレイヤー比率の高いトレードスタイルだと思います。通貨ペアとの相性が重要になってきます。
キャプ画像
目次
  • デイトレードとは
  • デイトレードに求められる通貨ペア
  • メジャー通貨ペアであること
  • ボラティリティが適度にあること
  • デイトレード向きの通貨ペア

デイトレードとは

おおよそ5分~2時間でポジションが完結する取引をいいます。(※目安として)

一番プレイヤー比率の高いトレードスタイルだと思います。デイトレードやスキャルピングは、ポジションの持ち越しがないため、週明けの窓を気にする必要がないのも利点です。

デイトレードに求められる通貨ペア

スキャルピングに比べれば、デイトレードは通貨ペアを選ぶための普遍的なポイントはそこまでありません。それよりも、相性の方が重要になってきます。

人によって取りやすい通貨ペア、取りにくい通貨ペアがあると思うので、あくまで私の経験基準で話を進めることになります。

求められる通貨ペアの特徴

  • メジャー通貨ペアであること
  • ボラティリティが適度にあること

メジャー通貨ペアであること

メジャー通貨ペアであるほど、取引規模が大きい通貨ペアであるほど、節目や抵抗などのプレイヤーに意識されやすい場所が機能します。

ユーロドル 60分足

ユーロドル 60分足。

ボラティリティが適度にあること

全然動かない通貨ペアを相手にしていても、利益を上げられません。

デイトレード向きの通貨ペア

個人的評価
ドル円 ☆☆☆☆
ユーロドル ☆☆☆☆☆
ポンドドル ☆☆☆☆
ユーロ円 ☆☆☆☆

取りやすさでいえば、断然ユーロドルに軍配が上がります。(私の稼ぎ頭)

ただ、人によってはユーロドルの値動きが苦手という人も居るかもしれませんが、ユーロドルの値動きに慣れることを強く勧めます。

デイトレードでの手法

私はデイトレードではドル円ユーロドルしか触っていません。理由は「取りやすい」「値動きが信頼できる」からです。私がよく使っている「ストップ狩り手法」や「お決まりパターン」といったものは、基本的にドル円やユーロドルで使っています。

スイングトレードとの対比

トレード方法に関しては、多分スイングトレードが一番良い方法だとは思っていますが、「一度ポジってしまったら値動きが気になって仕方がない」、「利益確定まで数日単位の時間が掛かる」など、日常生活や別作業に支障をきたしてしまう性分なので、私は1日単位で簡潔に終わるデイトレードを採用しています。メンテナンス時間や週明けの窓が嫌いという理由もあります。

時間軸的ノイズとの戦い

デイトレードやスキャルピングトレードを行う場合、どうしても「ノイズ」や「抜けそうなのに抜けない」などといった時間軸特有の悩みに直面します。その悩みを解消するために、「サイン待ち」に徹しており、サインが出ることによって「ここまでは次の値動きが確定した」状態ではじめてエントリーしています。

こういった「サイン」そのものを信頼し、それに身を投じられるかどうかは、その通貨ペアの信頼性に掛かっています。そのため、私はクロス円などは触らずにドルストレートペア、それも市場規模の大きいドル円やユーロドルに絞って取引を行っています。

手法と通貨ペア
→
デイトレード向きの通貨ペア
FXの初心者講座
管理人
  • FX歴9年 (2008年~)
  • デイ・スキャル (原則持ち越しなし)
  • 月利3% (破産確率を考慮)

長く勝ち続けること。
無理せず淡々と利確。
欲が出たときこそ危ない。
元手あっての世界。

プロフィール
FX会社比較
  • FX会社をスプレッドで比較
  • FX会社をワップポイントで比較
  • FX会社を通貨ペア数で比較
  • FX会社を口座開設キャッシュバック金額で比較